HOME > データベース > 会話集(イベント会話):エンディング

エンディング

エンディング

エニグマ憑きの魔法使いの間に
ガナッシュがケルレンドゥの
宿主になったという噂が広まった。
侵略戦争の準備を進めていた者たちも
ガナッシュの意向をうかがい、
その動きをひそめた。
ガナッシュは、彼らと対等に渡り合い、
クラスメイトでさえ、彼の魔力が
なくなったと感じる者はなかった。
エニグマ憑きの魔法使いたちが
ガナッシュの支配下におさまるまでに
半年を要さなかった。
ガナッシュと、キャンディと
その仲間たちに刃向かうものは
どこにもいなかったし、
彼らもまた、自ら争うことはなかった。
その噂は監守を伝って、
投獄されているガナッシュの姉にも
伝わった。
間もなく、ガナッシュを擁する
グラン・ドラジェ派閥が国を掌握、
ガナッシュは単身
幽閉されている姉のもとへ向かった。
ガナッシュが面会に訪れた日、
姉のヴァニラは、それが最後の決戦に
なることを覚悟していた。
だが、目の前に現われたのは、
エニグマが憑いているどころか、
魔法すら使えない、小さな少年だった。
少年の口から出た言葉は少なかった。
「何もかもなくしちゃったよ。
でも、満足してる」
その言葉を聞いて
ヴァニラの目から涙があふれだした。
その後、ヴァニラは拘束を解かれ、
グラン・ドラジェ派閥に合流。
そしてヴァニラも、その後二度と
魔法を使うことは無かった。
こうして、コヴォマカ国は
その後200年も続く平和を手にした。
そして・・・・
キルシュは世界中を冒険したのちに、
コヴォマカにもどり、
魔法学校の教師になりました。
ブルーベリーは水の魔法を研究するため
水のプレーンへと渡り、
ウォーターピープルと親交を深めました。
キャンディは魔法を使うことをやめて、
歴史や政治や哲学について学び、
やがて魔法学校の歴史学の講師になりました。
ショコラは学校を卒業した後も、
学校の近くの丘の上で、風を感じたり、
鳥の声を聞いたりして過ごしました。
ペシュはどーどーを救う基金を作り、
お金を集めて、どーどーたちが安全に暮せる
保護区を作りました。
レモンは格闘技を学び、
格闘技と魔法を組み合わせた
独自の流派をおこして、全国に伝えました。
カベルネは帽子に住んでいるカエル師匠の国を訪ね、
様々な珍しい魔法を身につけ、
カエルの国の守護者となりました。
カシスは冒険で手に入れたもの全てを
貧しい子供たちに分け与え、
すっからかんになって、また一人で旅に出ました。
シードルは臨海学校での出来事を
何枚もの絵に描き、そこで起きたことを
後の世代にまで語りつぎました。
アランシアは結婚して二人の子供をさずかり、
学校から帰ってこない熱血教師の夫を
待ちぼうける日々を送りました。
カフェオレはロケットに改造され
ヴァレンシア海岸で打ち上げられて、
それっきり行方不明になってしまいました。
ピスタチオは学業にはげみ、
魔法学校で博士号を得た後、
たくさんの本を書いて、
大陸の外にまで魔法を伝えました。
オリーブはとある無人の島に渡り、
様々な鳥や動物たちと協力して、
人間の手から島の自然を守りました。
セサミは古代技術の研究家になって、
相棒のカフェオレに様々な改造を加え、
いくつもの論文を発表しました。

▼主人公が闇属性、または光属性以外の属性の場合

そして、我らが主人公は
魔法学校ウィルオウィスプで
魔法を教えるようになりました。
戦うための魔法ではなく
互いに助け合うための魔法を教え、
新しい時代にふさわしい学校にと
ウィルオウィスプを改革しました。

▼主人公が闇属性の場合

そして、我らが主人公は
更なる強敵を求めて国を出ました。
20年かけて大陸を踏破し、
30以上の国に足跡と伝説を残し、
やがて、プレーン間を自在に移動する
術を身につけるまでにいたりました。
その冒険は、火のプレーンを皮きりに、
20のプレーンに及びました。
風のプレーンで87才で没するまでに、
各国で100以上の称号を得て、
死後もなお、様々な土地の名前として
その名は残ったのでした。

▼主人公が光属性の場合

そして、我らが主人公は
どーどーの呪いを解く方法や
エニグマとの融合を解く方法、
それらを求めて旅に出たのでした。
数多くのプレーンを旅し、
時に手ごわいモンスターを倒し、
時に病にふせる村人たちを救い、
それらの経験の中から、
様々な知識を見つけ出しました。
旅で手にした情報は
一冊の本にまとめられ、
魔法学校に届けられました。
そこには、どーどーの呪いや
エニグマとの融合を解く方法など、
いろんな知識があふれていました。
その本は、ウィルオウィスプで
最も重要な情報源となり、
コヴォマカの、すべての魔法使いに
大いなる知識をもたらしました。
ただ、主人公の消息だけは
誰にもわかりませんでした。

▲ページトップへもどる