HOME > データベース > 会話集(イベント会話):モイロロト村~暗闇の地

モイロロト村~暗闇の地

ショートカット

▲ページトップへもどる

モイロロト村

モイロロト村(屋外)

▼マッドマンに話しかける

マッドマン
「オムザネイルの呪いで
町の人が消えたんだなっす!
オレっちが、外から来たモンに
闇のヴェールをわたしたから、
怒ったんだなっす。
もう、オムザネイルに支配
されるのは、コリゴリなんだ
なっす!
このプレーンは、もともと
オレっちらのプレーンなんだ
なっす!!
誰かオムザネイルを
やっつけてほしいんだ
なっす!!!

▼選択肢で「はい」を選択

マッドマン
「ほんとだなっす!?
オレっちら助かるだなっす!?
そしたら、アンタには
光のヴェールをやるだなっす!
これを持ってると、星のフリを
して、星の洞窟・ラキューオ
入れるんだなっす。
星の洞窟・ラキューオのどこかに
闇の大精霊・ブラックカラント
いるんだなっす。
ブラックカラントから、
闇のヴェールをもらえば
死の回廊に行けるんだなっす。

▼選択肢で「いいえ」を選択

マッドマン
「悲しいんだなっす。
(※自由行動へ)

▲ページトップへもどる

ピラミッド

ピラミッド12

▼オムザネイルに話しかける

オムザネイル
「死者の国の平和を
みだす者・・・・・・・・。
許さじ。
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

オムザネイルが消滅する

死の回廊入口

▼ガナッシュたちが死の回廊に入ろうとしている

ガナッシュ
「・・・・・・・・。
○○○・・・・・・・・、
来てるのか・・・・・・・・?
キャンディ
「??????
わかるの・・・・・・・・?
ガナッシュ
「おそかったよ・・・・・・・・。
○○○・・・・・・・・、
もう、オレを止められない。
決めたんだ。
オレは姉と同じ闇に落ちる。
あの人の手を引いて、
戦場へでも、ジゴクへでもいい
オレたちの場所をさがしに行く。
もしオレを止めたいなら
オレと同じ闇まで落ちて来い。
キャンディ
「・・・・・・・・。
私を見て、ガナッシュ。
あなたを生かしてあげてるのは
私よ・・・・・・・・。
私を見ないんだったら、
あなたなんか、消えていいのよ。
ガナッシュ
「キャンディ・・・・・・・・
感じたことをちゃんと
言えるようになったね。
なんでだろう・・・・・・・・、
こんなにもイヤな場所にいるのに
悪いことばかりじゃない。
ときめきすら感じている。

▲ページトップへもどる

モイロロト村

モイロロト村(屋外)

▼オムザネイルを倒す前に話しかけたマッドマンに、再度話しかける

マッドマン
「助かったんだなっす。
光のヴェールをあげるんだ
なっす。
これがあれば、星のフリして
星の洞窟・ラキューオに入れ
るんだなっす。
ラキューオには、闇の大精霊・
ブラックカラント
がいるんだ
なっす。
ブラックカラント
闇のヴェールをもらえば、
死の回廊に入れるんだなっす。
光のヴェールをもらった!)
マッドマン
闇の大精霊は、星を全部
消さないと見えないんだなっす。
星は死んだ人の魂なんだなっす。
聖者や英雄は、ラキューオで、
星に生まれ変わるんだなっす。
うまれたばかりの星は、とまどっ
ているから、やさしく声をかけて
あげるといいんだなっす。
「あなたは、新しいプレーンの
 主になりました。」と言って
あげるといいんだなっす。
いや、口に出さなくとも、
心にその気持ちがあるだけで
いいんだなっす。
そうすると、星は自分の立場に
気がついて、空へ上がって行く
んだなっす。
とにかく、全ての星に声をかけて
あげる
ことだなっす。

▲ページトップへもどる

ラキューオ

ラキューオ1

▼星に話しかける

「オレはどうしたんだ?
ここはどこだ・・・・・・・・?
もしかして、
オレは星になったのか?

▼選択肢で「はい」を選択

「見えるぞ・・・・・・・・。
新しい時がはじまってる・・・・・・。
オレは、無数の命をはぐくむ
星になったんだ・・・・・・。
これからは天空がオレの
住む場所なんだ・・・・・・・・。
ありがとう、
オレをみちびいてくれて。
それじゃ、もう行くよ。
(星が空へ上っていく)

▼選択肢で「いいえ」を選択

「どうなってしまったんだ・・・・・・。
オレは戦士だったはずだ・・・・・・。
だけど、その前は王様だった・・・・
いや、女スリ師・・・・・・・・
ひつじかい・・・・・・・・
いろんなキオクが入りまじってて
なんだかよくわからない・・・・・・。
(※自由行動へ)

ラキューオ2

▼マップ北側にいる星に話しかける

「私はつい数日前まで、
火のプレーンにいた。
病に倒れ、たくさんの弟子に
かこまれて息を引き取った。
もとのプレーンに転生することも
考えたが、私は星になることを
選んだ。
魔法を使えば、もとのプレーン
にはいつでももどれるからな。
いつでも、もとの姿で弟子たちに
会うことができる。
しかし、これからは、自分が
イメージした新しい世界を作る
ことが私の仕事だ。
行かねばならぬ
さらばだ。
(星が空へ上っていく)

▼マップ南側にいる星に話しかける

「こんにちは。
あなたはまだ死んでないみたい。
もう、行かなきゃ。
天空で友達が待ってる。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ3

▼マップ西側にいる星に話しかける

「死ぬと言うことは、
夢からさめることににている。
小説を読み終えることに
にているし、絵を描き終える
ことににている。
今までの役割を終えて、
本当の自分にもどるように、
無限の自由を感じる。
それじゃ、私はこれで。
(星が空へ上っていく)

▼マップ東側にいる星に話しかける

「ボクが星に見える?

▼選択肢で「はい」を選択

「ボクからは、キミも星に
見えるよ。
でも、まだ、キミが星じゃ
ないことはわかる。
それじゃ、バイバイ。
(星が空へ上っていく)

▼選択肢で「いいえ」を選択

「ものをどう見るかは
見る人の自由だからね。
それじゃ、お先に。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ4(東側)

▼星に話しかける

「???
そなたは星ではないな?

▼選択肢で「はい」を選択

「生きたまま死のプレーンに
来たのか。
そんなことができるとは
気がつかなかったな。
極めたつもりでいたが、
まだまだだったという
ことか。
星になったあとも
また修行じゃ。
(星が空へ上っていく)

▼選択肢で「いいえ」を選択

「風のプレーン一の大魔法使いと
呼ばれたわしも、
生きたまま死のプレーンへ
行くことだけがかなわなかった。
それにもまた意味があるの
じゃろう。
これからは、その意味を
さがそう。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ4(西側)

▼マップ南側にいる星に話しかける

「ここは・・・・・・・・
そうか・・・・・・・・
オレは星になったんだ・・・・・・・・。
と、言うことは、
天にのぼらねばなるまい。
では、さらばだ。
(星が空へ上っていく)

▼マップ北側にいる星に話しかける

「ふぁ~
おはよう・・・・・・・・。
行かなきゃ・・・・・・・・。
そんじゃ。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ5(東側)

▼星に話しかける

「命は無数にあるけれど、
自分は一人だけ。
ずっとそれだけがフシギだった
けど、ようやくそのこたえも
わかりました。
ボクは今、無数の命を同時に
体験しています。
いや、今までもそうだったことに
気がつかなかっただけなんです。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ5(西側)

▼星に話しかける

「夜、空を見上げる時、
星の光が命の火だと
気づく人っているんだろうか。
と、思いつつ、私はもう
行きます。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ6(西側)

▼マップ西側にいる星に話しかける

「おおお、
星になっておるではないか。
星に転生するのは
まだ先かと思っておった。
それでは、まぁ、とにもかくにも
天空にのぼらねば。
(星が空へ上っていく)

▼マップ南側にいる星に話しかける

「星になった・・・・・・・・。
次の転生で星になることは
師匠から聞かされていたけど、
正直に言うと、人間の体で
なくなるのは、どうかな~
と、思ってました。
だけど、星もなかなかいい感じ。
すごく気持ちいい。
(星が空へ上っていく)

▼マップ東側にいる星に話しかける

「星になったでちー。
すばらしいでちー。
小さくて見つからないとか、
ハエみたいでカッコ悪いとか
いろいろ言われたでちけど、
そんなオレでも
星になれたでちー。
(星が空へ上っていく)

ラキューオ6(東側)

▼星に話しかける

「ここはどこ・・・・・・・・?
星が生まれる場所・・・・・・・・?

▼選択肢で「はい」を選択

「そうか。
ボクは星になったんだ。
行かなきゃ。
(星が空へ上っていく)

▼選択肢で「いいえ」を選択

「ちがうのか・・・・・・・・。
(※自由行動へ)

ラキューオ7

▼マップ北側にいる星に話しかける

「いろんなプレーンに何度も
生まれ変わって、
とうとう、星に生まれ変わった。
『死んだ人はお星様になる』
なんてウソだと思ってたけど
本当だったんだ。
(星が空へ上っていく)

▼マップ南側にいる星に話しかける

「オレは水のプレーンの
魔法使いだった。
オレが生きていたころ、
水のプレーンは戦争の
まっただ中だった。
オレは極限まで力を高め、
宇宙の全てを変えてしまえる
ほどの力を手にした。
やがて、戦争で子供を失い
オレは絶望にくれて、宇宙を
滅ぼしてやろうと思った。
その時、オレの師匠は
オレを止めることなく
こう言った。
『宇宙はそこにいる者たちの
 魔法で生み出されている。
 宇宙はつねに再生している。
 宇宙を滅ぼした時に、オマエに
 再生する力がなければ、
 滅びるのはオマエだけだ。』
だが、その言葉も聞かず、
オレは宇宙を滅ぼすための
最終魔法をとなえた。
そして今、ここにいる。
滅んだはずの宇宙は
今もそこにある。
それを見て、ようやくわかった。
宇宙は永遠なんだ。
(星が空へ上っていく)

▼他の星が残っている状態で最後の星に話しかける

「この洞窟に残ってる
生まれたての星は・・・・・・・・
ボクを入れて あと(※)人。
ボクは最後に天空へ
のぼります。
(※『○』には残っている星の数が表示される)

▼他の星がいない状態で最後の星に話しかける

「この洞窟に残ってる
生まれたての星は・・・・・・・・
ボクで最後。
さて、
ボクも天に上るか・・・・・・・・。
(最後の星が空へ上っていき、
ブラックカラントが出現する)

▼ブラックカラントに話しかける

闇の大精霊・ブラックカラント
「光は闇の中にあり、
闇は光の中にある。
エニグマは闇。
おまえたちは光。
光と闇は、やがて一つになる。
闇のヴェールをもらった!)

ラキューオ8

▼マップ東側にいる星に話しかける

「あんだ~
ここはどこだべさ~。
まるで、夜空の中に
いるみてぇだべさ~。
ちょっくらもっと上のほうまで
行ってみるだか~。
(星が空へ上っていく)

▼マップ南側にいる星に話しかける

「星に命があるなんて信じる?

▼選択肢で「はい」を選択

「わかってるじゃん。
(星が空へ上っていく)

▼選択肢で「いいえ」を選択

「自分の存在を否定されたようで
気分よくないな~。
(星が空へ上っていく)

▼マップ西側にいる星に話しかける

「いや~
すがすがしい。
それじゃ!
(星が空へ上っていく)

▲ページトップへもどる

死の回廊・出口

▼死の回廊から出ると、ガナッシュたちの会話が発生

キャンディ
「来る・・・・・・・・
○○○があなたを
うばいに来る・・・・・・・・。
ガナッシュ
「どうしたの・・・・・・・・?
キャンディ
「あなたは先に行って。
私にはやることが
あるの・・・・・・・・。
ガナッシュ
「イヤだと言ったら
どうする?
キャンディ
「そんなこと言わないわ。
あなたはそんなことは言わない!
言ったらどうなるかなんて
私にもわからないもの!!
言えるもんですか!!
ガナッシュ
「・・・・・・・・。

▲ページトップへもどる

暗闇の地

暗闇の地2

キルシュ
「キャンディ!!
(キルシュがキャンディの所へ駆け付ける)
ブルーベリー
「キャンディ!!
こんなところにいたの!?
ショコラ
「あー。
キャンディー。
ペシュ
「キャンディですの!!
いったいどうしてましたの!?
みんな心配してますの!!
レモン
「キャンディ・・・・・・・・。
どうしてこんなとこに・・・・・・?
カベルネ
「キャンディ!!
なにしてるヌ~!!
カシス
「キャンディ!!
こんなとこにいたのか!!
シードル
「キャンディ!!
ぶじだったんだね!!
アランシア
「キャンディ?
なにやってるのかしら?
カフェオレ
「キャンディダ!
キャンディガ イルゾ!
ピスタチオ
「キャンディだっぴ!!
ニオイもキャンディだっぴ!!
オリーブ
「キャンディ!!
(オリーブはゆっくりとキャンディの所へ行く)
セサミ
「キャンディ!!
キャンディ
「もうこれ以上、私たちを
追わないで・・・・・・・・。
キルシュ
「キャンディ・・・・・・・・
どうしたんた・・・・・・・・?
何があったんだ!?
ブルーベリー
「キャンディ、あなた、
どこへ行くつもりなの?
本気でガナッシュにエニグマを
融合させるつもりなの?
それでいったい何を
するって言うの?
ショコラ
「キャンディー・・・・・・・・
あー・・・・・・・・。
ペシュ
「いけませんの・・・・・・・・。
そんな風に言うのは
いけませんの!!
私たちキャンディちゃんのことが
心配でここまで来ましたの!!
人の心がわからないのは
良くありませんの!!
レモン
「ガナッシュはどうしたんだ?
いっしょだったんだろ?
カベルネ
「ガナッシュはどうしたヌ~!
いったいガナッシュを
どうするつもりヌ~!
カシス
「やめろよ、キャンディ。
オレたちを相手に戦ったところで
自分の無力さにうちひしがれる
だけだろ?
オマエ、バカなんだよ。
いつも、自分の弱さばかりを
確かめてる。
自分の強い部分に気がつかないと
いつまでも負け犬のままだぜ。
シードル
「キャンディ・・・・・・・・。
どうしたのさ・・・・・・・・。
キミはぜんぜん変わった・・・・・・。
そんなキミじゃなかったのに、
どうして・・・・・・?
アランシア
「あなた、勝手すぎるのよ!!
もっとまわりを見なよ!!
いつも自分が勝つことしか
考えてないんだから!!
ガナッシュと二人でこんなとこ
まで来たって、あなたが変わら
なきゃ何も変わらないよ!!
カフェオレ
「オレカラハ トクニ
イウコトハナイゼ・・・・。
モシココデ タタカワナキャ
イケナインダッタラ・・・・・・
クイノナイヨウニヤロウ。
ポンコツダガ・・・・・・・・
イノチ カケサセテモラウ
・・・・・・・・。
ピスタチオ
「イヤだっぴ・・・・・・・・。
オイラこういうのイヤだっぴ!
悲しくなるのイヤだっぴ!
ツライのイヤだっぴ!!
セサミ
「キャンディ・・・・・・・・。
なんで・・・・・・・・?
なんでなんだよ!!
キャンディ・・・・・・・・!!
オリーブ
「キャンディ・・・・・・・・
キャンディ
「オリーブ・・・・・・・・
あなたが私をこんなふうに
したのよ。
人の心をのぞいて、平然として
いられるような人がいるなんて
私、たえられない!!
まるで私だけハダカでいる
みたいじゃないの・・・・・・!!
そんなのバカみたい!!
あなたなんかいなくなれば
いいのよ!!
?????
(キャンディがエニグマの姿に化ける)
「くっくっくっく・・・・・・・・。
これが私の力・・・・・・・・。
ひねりつぶしてやる・・・・・・・・。
何もかも・・・・・・・・。
キルシュ
「○○○・・・・・・・・
ゴメン!!
オレ、戦えない!!
オリーブ
「ごめんなさい・・・・・・・・
みんなを止めはしないけど、
私も戦えない・・・・・・・・
?????
「まずはジャマなコイツらを
かたづける!!
オリーブはそのあとだ!!
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

キルシュ
(エニグマが倒れる)
「キャンディ!!
オリーブ
「キャンディ!!
だいじょうぶ!?
?????
「くっくっくっく・・・・・・
オレは死なん・・・・・・
この宿主がいる限り
オレは死なん・・・・・・
すぐに再生できるぞ・・・・・・
いくらでも力が
わき出てくる・・・・・・・・
キルシュ
「キャンディじゃない!?
キャンディじゃないのか!?
エニグマになっちまったのか
――――――――っ!!!
?????
「その通り・・・・・・・・
だれがキャンディなものか・・・・。
あんな、みにくくて・・・・・・・・
か弱い・・・・・・・・
人間じゃない・・・・・・・・
けっけっけっけ・・・・・・・・
ブルーベリー
「キャンディじゃないわ!!
エキウロクリュ!!
エニグマが完全にカラダを
支配したのよ!!
ショコラ
「あ――――
う――――
ペシュ
「エニグマですの・・・・
キャンディじゃありませんの・・・・
レモン
「ダメだ!!
キャンディは死んだんだ!
ここにいるのは
ただのエニグマだ!!
カシス
「来るぜ、キルシュ!!
コイツはもう
キャンディじゃない!!
さよならを言いな!!
シードル
「終わったね・・・・・・・・。
何もかも・・・・・・・・。
ここで死ぬんだ、ボクら。
アランシア
「・・・・・・・・。
キャンディ・・・・・・・・、
もうキャンディじゃないの
・・・・・・・・?
キャンディはどうなったの?
カベルネ
「みんなで帰るハズだったヌ~。
こんなハズじゃなかったヌ~。
カフェオレ
「サヨナラ・・・・・・・・。
キャンディ・・・・・・・・。
ピスタチオ
「イヤだっぴ――――――――
―――――ッ!!
セサミ
「なんでなんだよ――――
――――――――っ!!
オリーブ
「みんな、
ちがうよ・・・・・・・・。
よく見て。
キャンディだよ。
何も変わってないよ。
?????
「オリーブ・・・・・・・・
オリーブ
「私がずっと見てたキャンディと
何も変わってないよ。
親に押し付けられて
学校に通わされて、
せいせきが下がると、友達と会う
こともパパとママに禁止されて、
一番になれないんだったら
学校なんかやめちゃいなさいって
いつも言われてたんだ。
そんなかわいそうなキャンディを
ずっと知ってたもの!!
胸の中にためてきた思いを
ずっと見てきたもの!!
何も変わってないよ!!
?????
「うごっ・・・・・・・・
(エニグマが苦しみ出す)
キルシュ
「?????
ブルーベリー
「!!!!!
ショコラ
「??????
ペシュ
「?????
レモン
「!?!?!?
カシス
「??????
シードル
「??????
アランシア
「どうしたの!?
何がおきるの!?
カベルネ
「!!!!!!
カフェオレ
「ナンダ!?
ドウシタンダ!?
ピスタチオ
「?????
どうしたっぴ!?
セサミ
「生きかえるのか!?
コイツ、生きかえるのか!?
オリーブ
「帰ろう・・・・・・・・。
キャンディ・・・・・・・・。
みんな待ってるよ。
キルシュ
(エニグマから光があふれ、
エニグマがキャンディのもとから離れる)

「融合が・・・・・・・・
とけた・・・・・・・・!?
エキウロクリュ
「そんな・・・・・・・・
まさか・・・・・・・・
(エキウロクリュが消滅する)
キルシュ
「キャンディ!!
だいじょうぶか!!
オリーブ
「キャンディ!!
だいじょうぶ!?
キャンディ
(キャンディが起き上がる)
「みんな・・・・・・・・
キルシュ
「キャンディ・・・・・・・・
もどったのか・・・・・・・・?
もとのキャンディに
もどったのか・・・・・・・・?
ブルーベリー
「キャンディ!!
もどったの!?
信じていいの!?
ショコラ
「あー。
ペシュ
「キャンディちゃん!!
もどりましたの!?
だいじょうぶですの!?
レモン
「キャンディ・・・・・・・・。
本当にキャンディなんだね・・・・?
カシス
「キャンディ・・・・・・・・。
もどったんだ・・・・・・・・。
シードル
「キャンディ!?
本当にキャンディなの!?
アランシア
「キャンディ?
もとにもどったの!?
カベルネ
「もどったヌ~!?
融合がとけて、もとのキャンディ
にもどったヌ~!?
カフェオレ
「キャンディ!!
モトニモドレタノカ!!
ピスタチオ
「もとのキャンディだっぴ・・・・!!
もとにもどってるっぴ・・・・!!
セサミ
「ブラボ――――ッ!!
もどってるぜ! アニキ!!
もとのキャンディだ――――!!
キャンディ
「・・・・・・・・
みんな・・・・・・・・
ごめんね・・・・・・・・
私、わがままで・・・・・・・・
キルシュ
「何言ってんだよ!!
そんなことはいいよ!!
すごいケガじゃないか!!
魔バスへもどろうぜ!!
キャンディ
「オリーブ・・・・・・・・
ありがとう・・・・・・・・
私、みんなが、くやしがったり
うらやましがったりすることを
勝つことだって思ってた・・・・・・
だけど、わかったの・・・・・・。
今の私にとって、勝つってのは
みんなが笑うってこと・・・・・・。
やっと気がついた・・・・・・。
へへへ・・・・・・。
今まで、ごめんね、オリーブ。
オリーブ
「いいんだよ、キャンディ。
全部わかるから、
もうしゃべらなくていいんだよ。
帰ろう、バスに。

大岩(魔バス)

マドレーヌ先生
「あれ?
キャンディ・・・・・・・・?
ペシュ
「先生ちゃん!!
だいじょうぶですの!?
キャンディ
「????
オリーブ
「先生は、つかれて
倒れてたの。
闇のプレーンに来て以来
ずっと走り回ってたから。
マドレーヌ先生
「キャンディ、すっきり
したわね。
エキウロクリュはもう出て
行ったのね。
ブルーベリー
「知ってたんですか!?
マドレーヌ先生
「わかりますとも。
魔法使いですもの。
キルシュ
「キャンディ、顔色悪いぜ。
オレのとなりにきなよ。
アランシア
「ガサツな男の子のとなりなんて
ダメよ!!
キルシュは私のとなりで
おとなしくしてればいいの!
ペシュ
「キャンディちゃん
だいじょうぶですの・・・・・・・・?
キャンディ
「だいじょうぶ・・・・・・・・。
カラダはとても軽いわ・・・・・・・・。
でも、何かちがう・・・・・・・・。
マドレーヌ先生
「キャンディ、あなたはもう
魔法が使えないわ。
魔法の力をときはなったから
エニグマとの融合がとけたのよ。
ピスタチオ
「魔法が使えないっぴか
・・・・・・・・!?
それじゃ、キャンディは
落第だっぴか!?
マドレーヌ先生
「一生使えないかどうかは
わからないわ。
今までにエニグマとの融合が
とけた人なんていないもの。
魔力をときはなてば、融合が
とけることは、わかってたけど、
誰もそんなことできなかったの。
キルシュ
「だいじょうぶだよ!!
魔法なんか使えなくても
やる気さえあればいいんだって!
カシス
「そりゃ、オマエのことだろ?
キャンディ
「ははは。
魔法が使えないのか。
カベルネ
「だいじょうぶヌ~。
退学になっても
ずっと友達だヌ~。
みんなで遊びにも行くヌ~。
キャンディ
「いいんだ、これで。
魔法なんかいらない。
今、気持ちがすごくクリアなの。
いろんなものが見えるよ。
パパとママの顔も見える。
何をしてるかも、全部わかるわ。
ピスタチオ
「本当だっぴか!?
スゴイっぴ!!
キャンディ
「目を閉じると・・・・・・・・
私の魔法ですべてが
動いてるみたい・・・・・・・・
・・・・・・・・。
キルシュ
「す・・・・・・・・
すごいな!
そりゃ、大魔法使いだ!
はは。
ははは。
セサミ
「アニキ・・・・・・・・
そっとしといてやれよ・・・・・・。
キャンディ
「ごめんね・・・・・・・・。
私、ちょっと泣くけど
気にしないでね・・・・・・。
悲しいんじゃないの・・・・・・。
すぐ終わるから・・・・。
マドレーヌ先生
「だいじょうぶよ、キャンディ。
魔法は実技だけじゃないわ。
退学にもならないし、
キャンディだったら、かならず
卒業できるよ。
もう、ガナッシュをさがしに
行かなきゃ。
ね?
キャンディ
「ありがとう・・・・・・
みんな、ありがとう・・・・・・
キャンディが仲間になった!)

▲ページトップへもどる