HOME > データベース > 会話集(イベント会話):ガスパチョ村

ガスパチョ村

ショートカット

▲ページトップへもどる

ガスパチョ村

ガスパチョ村・家

▼ポット族の長に話しかける

ポット族の長
「ムスコのクラインが、みなに
めーわくをかけております。
ムスコはみなを楽しませようと
空間のねじまげのケンキュウを
はじめました。
しかし、楽しみも長くは続きま
せん。楽しいことを終われば、
また、楽しくなるのです。
こうして、時は流れ、誰もが
ひとえに、みなさまのおかげで
今にいたりました。
おりしも、太陽のめぐみが
さんさんとカガヤク8月、
もし、そうなら、どうしますか?
(※選択肢Aが表示される)

▼選択肢Aで「はい」を選択

ポット族の長
「うーん。
あなたの言ってることは
よくわからない。
(※自由行動へ)

▼選択肢Aで「いいえ」を選択

ポット族の長
「それでは、私の気が
おさまりません。
いいですか、もう一度
よーく、聞いてください。
私のムスコは空間を
ねじまげて遊んでいたのです。
そこへ、あなたがたが現れて、
私の村の現実から目をそらし、
どこへ行こうと言うのですか。
私は事実だけを言っているの
ではなく、それはむしろ
事実なのです。
でなければ、それは
なんですか!?
(※選択肢Bが表示される)

▼選択肢Bで「はい」を選択

ポット族の長
「そうだ!
むしろ、こうしよう!
あなたが、南のタンドーリ
行き、クラインの遊びを
やめさせるとしたら、
私は外にいる先代の
ツボに、あなたがたが
会うように望む。
倒置法。
(※選択肢Cが表示される)

▼選択肢Bで「いいえ」を選択

ポット族の長
「うーん。
ねじまがっているのは
あなた自身ではないのかと
そんな思いさえもノウリを
横切りました。
(※自由行動へ)

▼選択肢Cで「はい」を選択

ポット族の長
「あなたとの会話は
とてもつかれます。
(※自由行動へ)

▼選択肢Cで「いいえ」を選択

ポット族の長
「こんな私ですみません。
(※自由行動へ)

▼ポット族の長に初めて話しかけた場合

ポット族の長
「とりあえず、これをあげよう。
便利なように、ガスパチョ村
すでに登録しておいたよ。
死の地図をもらった!!)

ガスパチョ村(屋外)

▼ポット族の老人に話しかける

ポット族の老人
「空間のねじまがりは、
ポットがゲンインじゃ。
心の目で見ると、ポットには
内も外もないんじゃ。
すなわち、すべてのポットは
すべてのポットの中になる。
つまり、ポットはポットに
つながっておるということ
なんじゃ。
いろんなポットに話しかける
ことで、空間のねじまがり
具合は変わって行くじゃろう。
ポットに話しかけては
あっちに行ったり、
こっちに来たりしてみるがええ。

▲ページトップへもどる

タンドーリ

タンドーリ6

▼奥へ進むと会話が発生

クライン
「ダメだ・・・・・・・・
またやっちまった・・・・・・・・。
主人公たちがクラインの所へ近づく
キルシュ
「どうしたんだよ
何をやったんだ?
ブルーベリー
「あなたがクラインね。
ガスパチョ村の長のムスコさん。
ショコラ
「あ――――?
ペシュ
「どうしましたの?
何をしてますの?
レモン
「あんたのおかげで、こっちは
足止めを食ってんだ。
落ち込んでないで
なんとかしてくれよ。
カベルネ
「落ち込んでる場合じゃないヌ~。
どうしたのか話すヌ~。
カシス
「ダメなヤツほど、何かあった時に
自分をせめるんだよな。
それで、何が解決する
ワケでもないのによ。
シードル
「なにをやってしまったか
知らないけど、
ボクらに言ってみなよ。
力になれるかも知れないよ。
アランシア
「落ち込んでばかりじゃダメよ。
力になってあげるから、
何があったか教えて。
カフェオレ
「コノヘンノ クウカンガ
オカシクナッタノ
スベテ アンタノセイダロ?
ムラビトハミンナコマッテルゼ。
ピスタチオ
「・・・・・・・・。
オリーブ
「どうしたの?
何か困ってるの?
セサミ
「かかわって、いいものやら
悪いものやら。
クライン
「ちょうどいい。
実は、たのみがあるんだ・・・・・・。
オレは、空間をねじまげて
自由に旅ができるような
マシーンを作ったんだが、
コイツは、ツボたちの思いを
エネルギーにしてるんだ。
だが、ツボたちの思いは
たいして強くねぇ。
じゅうぶんにエネルギーを
チャージできねぇんだ。
いでよ!!
ツボゴーレム!!
クライン
(奥にいたツボゴーレムが起動する)
「さぁ!!
戦え!!
オマエたちの生きる意思で
空間を切りきざめ!!
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

クライン
(ツボゴーレムが消滅する)
「・・・・・・・・。
キルシュ
「てめぇ!!
いきなり何しやがるんだ!!
ブルーベリー
「まったく!!
どういうつもりよ!!
ショコラ
「うあ――――!
ペシュ
「危険すぎますの!!
レモン
「それがアンタのやり方って
ことだな。
よーくわかったよ。
カベルネ
「まったく!
じょーだんじゃないヌ~!!
カシス
「とんでもねぇヤツだぜ!!
まったくよう!!
シードル
「シャレになってないよ!
ほんとに!
アランシア
「なんでこんなことで
こんな目にあうのよ~!
信じられな~い!
カフェオレ
「ガガガガガガガガガ!!!
ビックリシタナァ モウ!!
ピスタチオ
「オイラ、自分の身の上に
泣けてきたっぴ・・・・・・・・。
オリーブ
「なんなのよ!
ほんとに!
セサミ
「やべぇよ、このオッサン!!
死ぬかと思ったよ!!
クライン
「すまぬ。
キルシュ
「あやまってすむかよ!!
こっちは命がけだったんだ!!
ブルーベリー
「人に命がけの勝負をさせておいて
その一言だけ!?
お話にならないわ!!
ショコラ
「う――――!
ペシュ
「ゆるしませんの!!
レモン
「許せると思う!?
カベルネ
「許せるわけないヌ~!!
カシス
「今度はこっちの番だ!!
わかってんだろ!?
シードル
「もういいよ、行こうよ。
イヤだよ。
アランシア
「そんなあやまりかたじゃ
許さないっ!
カフェオレ
「マッタクダ!!
ピスタチオ
「すまぬではすまないっぴ。
オリーブ
「ふんっ!
セサミ
「カクゴはできてんだろうな!
オッサン!
クライン
「割ってくれ。
キルシュ
「・・・・・・・・!?
ブルーベリー
「・・・・・・・・!?
ショコラ
「・・・・・・・・!?
ペシュ
「・・・・・・・・!?
レモン
「・・・・・・・・!?
カベルネ
「・・・・・・・・!?
カシス
「・・・・・・・・!?
シードル
「・・・・・・・・!?
アランシア
「・・・・・・・・!?
カフェオレ
「・・・・・・・・!?
ピスタチオ
「・・・・・・・・!?
オリーブ
「・・・・・・・・!?
クライン
「人生にいっぺんのくいなし!!
割ってくれ!!
キルシュ
「割ってくれと
言われても・・・・・・・・
どうする・・・・・・・・?
割る・・・・・・・・?
ブルーベリー
「割ってくれと
言われても・・・・・・・・
どうする・・・・・・・・?
割る・・・・・・・・?
ペシュ
「割ってくれと
言われても・・・・・・・・
そんな・・・・・・・・
割りますの・・・・・・・・?
本当に割りますの・・・・・・・・?
レモン
「どうする・・・・・・・・?
割る・・・・・・・・?
カベルネ
「割ってくれと
言われてもヌ~・・・・・・・・
どうするヌ~・・・・・・・・?
割るヌ~・・・・・・・・?
カシス
「いさぎのいいことで・・・・・・
それじゃひとつ・・・・・・
割りますか。
ぱかんと。
シードル
「どうする・・・・・・・・?
割る・・・・・・・・?
アランシア
「割っちゃえ! 割っちゃえ!
ぱかーんと!
カフェオレ
「キャァ~~~~!!
ホントニ ワルノ~!?
ピスタチオ
「割るっぴか!?
本当に割るっぴか~!!
○○○!!
割るっぴか~!?
オリーブ
「どうする・・・・・・・・?
割る・・・・・・・・?
セサミ
「よ~し!!
それじゃあ、割るぜ!!
○○○!!
割るぜ!!
-(※)
クラインが割ってくれと言ってます。
割りますか?
(※会話の優先順位
最高位がショコラの場合)

▼選択肢で「はい」を選択

クラインが消滅する

▼選択肢で「いいえ」を選択

クライン
「ありがとうございましたッ!!
シツレイしまッす!!

▲ページトップへもどる

ガスパチョ村

ガスパチョ村・家

▼ポット族の長に話しかける

ポット族の長
「これはどうも、
ごメイワクをおかけしました。
一時はどうなることかと
思いましたが、もとに
もどりました。
以前のことは忘れて
ください。
今の私が本当の私です。
私は、人生で30回くらい
そう言って来ました。
ポット族の長
「ところで、あなたがたの
ご友人らしき方々。
この町の東へ出て、
北のモイロロト村
向かいました。
目的は、ケルレンドゥの
フッカツのためだとか。
ヤバい話のようだったので、それ
以上は聞くフリだけしてました。
カラ返事をしながら、
こんな大人になってしまった
自分に笑みすらももれました。

モイロロト村

▼主人公たちが南東の出口からガスパチョ村を出ると、ガナッシュたちの会話が発生

マッドマン
「ケルレンドゥ?
エニグマ?
それなら、きっと
モギナスの魔窟だなっす。
ヤツらは、せっかちだから、
すぐ死のプレーンから
出て行くんだなっす。
死のプレーンに来た者はみんな、
モギナスの魔窟を通って
生まれ変わるんだなっす。
ガナッシュ
「ありがとう。
いそがないとまた、どこかに
生まれ変わるってことだな。
マッドマン
「でも、死者でないと死の回廊
超えられないんだなっす。
オレたち、死者じゃないけど
闇のヴェールを持ってるから、
死の回廊に入れるんだなっす。
オレたち、死の回廊には
めったに行かないから、
オマエにやるんだなっす。
ガナッシュ
「かたじけない。
キャンディ
「ねぇ、ガナッシュ・・・・・・
キャンディ
(ガナッシュがキャンディの方へ振り向く)
「あなたを壊したい。
ガナッシュ
「オレを・・・・・・・・?
どうして・・・・・・・・?
キャンディ
「ごめんなさい
ダメなの・・・・・・
エニグマの森
倒れてから、私の中に
何かがいるの・・・・・・。
自分を止められないの。
私、あなたと戦いたい。
全力でぶつかって来て!!
力を見せて!!
ガナッシュ
「いいよ。
でも今のオレじゃとても
キミの相手にはならない。
キャンディ
「ガナッシュが・・・・・・?
まさか・・・・・・?
ガナッシュ
「キミはもう、学校にいたころの
キャンディじゃないんだ。
オレがケルレンドゥと融合して
から、思いっきりぶつかろう。
それじゃダメかい?

▼回想シーン1(魔法学校・ゼン部屋)

ヴァニラ
「ねぇ、ガナッシュ。
グラン・ドラジェと私、
1対1ならどっちが強いと思う?
ガナッシュ
「おそらく姉さんでは
グラン・ドラジェに勝てないよ。
ヴァニラ
「うふふ・・・・・・。
今の私は、アナタと五分の
戦いをやってたころの
私じゃないのよ。
ためしてみる?
ガナッシュ
「やめなよ。
姉さんはオレには勝てない。
わかったんだ。
勝つってことの意味が。
ヴァニラ
「くっくっくっく・・・・・・
言うようになったわね・・・・・・。
わからないの、ガナッシュ。
私から見れば、あなたもグラン・
ドラジェも、同じ虫ケラよ。
ひねりつぶすのに
何のためらいもないわ。
ガナッシュ
「やってみなよ。
オレに勝てるんだったら。
オレがボロくずみたいに、ここに
倒れるのが、姉さんにとっての
勝ちだって言うなら
やってみなよ。
ヴァニラ
「はっはっは!
ばかばかしい!
私のターゲットは
グラン・ドラジェただ一人。
この1年で王国も滅ぼして
みせるわ。
それが 力よ。
魔法使いとしての すべてよ。
ガナッシュ
「姉のあっとう的なオーラを
目のあたりにしても、
恐怖は感じなかった。
ただ、姉を失った
切なさだけを感じていた。
あの時と同じように
今も、殺されることに
何のとまどいもない。

▼回想シーン2(魔法学校・教室)

カシス
「王立軍が交戦中だ!!
ヌガーリバーが、カシューの橋
からガルバンゾまで立ち入りを
制限されてるらしい!!
カベルネ
「カシューからガルバンゾ!?
オイラの兄キが配属されてる
場所ヌ~!!
シードル
「交戦中!?
コヴォマカは平和な国だよ。
どの国とも戦争なんか
してないよ。
カシス
「オレだって、ダテに裏社会に
足をつっこんでるワケじゃねぇ。
ヤツらの情報は正確だ!!
王立軍はとんでもねぇ敵と
戦ってる!
戦死者リストに、剣聖や大魔道の
名前がズラっとならんでるって!
ただごとじゃねぇ!!
シードル
「演習の事故をごまかすための
でっち上げじゃないの?
よくあることでしょ?
戦争を口実にして、
兵士を集めたいのさ。
カシス
「事故・・・・・・・・!?
よくあること・・・・・・・・!?
もし、その全てが今回みてぇな
戦争だったとしたらどうする
・・・・・・・・?
平和なんかウソだったんだと
したら、どうする・・・・・・・・!?
ガナッシュ
「ちくしょう!!
なんで止められなかったんだ!!
(ガナッシュ立ち去る)
カシス
「止める・・・・・・?
あいつ、オレの話を
ちゃんと聞いてないな?
誰が止められるもんか!
オリーブ
「!!!!!
オリーブ
「行っちゃダメ!!!
あれはちがう!!!
近づいちゃダメ!!!
ガナッシュ
「そして姉は200人以上の兵を
虫けらのようにつぶした。
だけど姉は、それで誰かに
勝ったと言えるだろうか。

▼回想シーン終了

キャンディ
「カラダを引き裂いて、黒い獣が
出てくる夢ばかり見るの・・・・・・。
私の中に、すさまじい力があって
胸をつきあげてくるの!!
どうすればおさえられるの!?
あなたがケルレンドゥに会う前に
あなたを殺すかも知れない!!
ガナッシュ
「いいよ・・・・・・・・。
オレの死で何かがわかるのなら
そうすればいい。
キャンディ
「そんなふうに言わないで!
あなたは私のあこがれだったし、
目標だったし、一番大切な
クラスメイトだったの。
私はたぶん、あなたを
超えたいだけなの。
私が私であるためには
超えなきゃいけないの!
あなたの力を見せて!!
最初から負けをみとめないで!!
ガナッシュ
「戦って、勝つことでしか、自分を
確かめられないって言うんなら
全力でぶつかってやる。
キャンディ
「そう聞いて少し
安心した・・・・・・・・。
わたし、ヘンだよ、やっぱり。
ガナッシュ
「今のままキミを帰すとキルシュが
オレと同じ苦しみを味わう。
キミの家族は国を追われ、
マドレーヌ先生もおそらく、
キミと戦うはめになる。
また何人もの兵が死んで、
山河は荒れ果てる。
それでキミが満足できるなら
この世界なんてキミが好きな
ようにすればいい。
だけどそうじゃないんだろ?
勝ちたいんだろ?
だったら、その勝つべき相手が
何だか教えてやる。

▲ページトップへもどる