HOME > データベース > 会話集(イベント会話):キスニカ鉱山~東の森

キスニカ鉱山~東の森

ショートカット

▲ページトップへもどる

キスニカ鉱山

キスニカ鉱山8(東側)

▼寝ているブラウニー(オニオン)に話しかける

オニオン
「くかーっ
オニオン
(オニオンが起き上がる)
「お!!
寝てしまった!!
いかんいかん。
うむ。

キスニカ鉱山6

▼寝ているブラウニー(ポモドロ)に話しかける

ポモドロ
「むにゃむにゃ・・・・・・・・
ポモドロ
(ポモドロが起き上がる)
「ふあ~~~~~~。
よう寝たわい。
さて、仕事じゃ・・・・・・・・。
えー、なにをするんだったかな。

キスニカ鉱山3(西側)

▼寝ているブラウニー(アンチョビ)に話しかける

アンチョビ
「ギリギリ・・・・・・・・
アンチョビ
(アンチョビが起き上がる)
「ありゃ?
寝てしもうたか。
いかんのう。

キスニカ鉱山3(東側)

▼寝ているブラウニー(ペパロニ)に話しかける

ペパロニ
「ふぃ~~~~~・・・・・・・・
ペパロニ
(ペパロニが起き上がる)
「ほげ~
また寝ちまったわい。

キスニカ鉱山8(西側)

▼寝ているブラウニー(ベーコン)に話しかける

ベーコン
「すこ――――っ
ベーコン
(ベーコンが起き上がる)
「むにゃむにゃ・・・・・・・・
おはようさん・・・・・・・・

キスニカ鉱山9

▼ブッチーネ3世に触れる

ブッチーネ3世
「オマエらがここに来ることは
わかってたんだ。
ヤセイのカンってヤツよ。
待ってたぜよ。
ドワーフからヘンな機械を
うばって来たぜよ。
今日という今日こそは、
イタイ目にあわせてくれる
ぜよ―――――――ッ!!
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

ブッチーネ3世
「くるくるくるくる・・・・
くるくるくるくる・・・・
ブッチーネ3世が消滅する。
パーティが5人以下の場合、
左右のマジックドールが消滅する。
またパーティが6人の場合、
全てのマジックドールが消滅する。

▼パーティが5人以下の場合

マジックドールが一体だけ
まだ使えそうだ!
連れて行きますか?

▼選択肢で「はい」を選択

MD03-マッケレルが
仲間になった!

▼選択肢で「いいえ」を選択

中央のマジックドールが消滅する。

キスニカ鉱山11

▼寝ているガーシュインに話しかける

ガーシュイン
(ガーシュインが起き上がる)
「われは番人。
死はわが支配の下に。
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

ガーシュイン
「死の国の扉は開かれた。
行くがいい。
(ガーシュインが消滅する)

キスニカ鉱山12

▼奥へ進むと会話が発生

マドレーヌ先生
「ようやく追いついたわ。
みんな、どこに行くつもりなの?
ここから先は死のプレーンだゾ。
知ってるの?
キャンディ
「わざわざ苦労して来たのは
何のためだと思って?
死のプレーンに行くためよ。
ガナッシュ、行こう。
死のプレーンへ。
エニグマと融合するのよ。
しかも、最強のエニグマ、
ケルレンドゥと!
オリーブ
「キャンディがヘンなの!!
ガナッシュ!!
キャンディがヘンなのよ!!
ガナッシュ
「・・・・・・
あの時と同じだ・・・・・・・・。
カベルネ
「ガナッシュ!!
行ってはダメヌ~!!
思いとどまるヌ~!!
マドレーヌ先生
「???????
ねぇ、オリーブ・・・・
キャンディはどうしちゃったの?
オリーブ
「わかんない・・・・。
私の・・・・
私のせいで、おかしく
なっちゃったの・・・・!!
ガナッシュ
「オリーブ・・・・。
さよなら・・・・。
オレは行くよ・・・・。
行かなければいけないんだ・・・・。
オリーブ
「ダメよ! ガナッシュ!!
行かないで!!
キャンディ
「止めてもムダよ。
ひとりの人間だもの。
イヤだって言ってる人を
犬のようにひっぱっては
行けないわ。
マドレーヌ先生
「たしかにそうだね、
キャンディ。
私にはあなたたちを引っぱって
帰るほどの力はないしね。
行ってきな。
オリーブ
「二人とも帰ってこれないかも
知れないのよ、先生!!
どうして止めてくれないの!?
オリーブ
(ガナッシュが死のプレーンに行ってしまう)
「行かないでぇ――――ッ!!
キャンディ
「私の勝ちね、オリーブ。
(キャンディも死のプレーンに行ってしまう)
カベルネ
「行ってしまったヌ~!!
オレたちも行くヌ~!!
マドレーヌ先生
(死のプレーンに行こうとした
カベルネを先生が止める)

「ダメよ!!
カベルネ
「なんでガナッシュは行かせて
オレは止めるヌ~!?
なんでヌ~!!
マドレーヌ先生
「うかつにふみこむと
殺されるわよ。
カベルネ
「殺されるヌ~!?
ガナッシュは親友ヌ~!!
オレを殺したりなんか
しないヌ――――ッ!!
オリーブ
「ちがうわ・・・・。
キャンディによ・・・・。
ガナッシュは、それがわかってて
彼女と行ったんだわ・・・・。
カベルネ
「キャンディに?????
マドレーヌ先生
「オリーブは何でもわかるのね。
その通りよ。
それに、キャンディが変わった
のも、あなたのせいじゃないわ。
わかるでしょ?
マドレーヌ先生
(主人公たちが先生と合流する)
「○○○たちもいたのね?
ごめんね、ふがいない先生で。
とりあえず、ここは一度
バスにもどりましょう。
これ以上みんながバラバラに
なったら、かなわないわ。
引率者失格よね。
カベルネが仲間になった!
カベルネ
オレがパーティにいると、
カエルグミがとれない
ヌ~。
足手まといかもしれないけど
よろしくたのむヌ~。
オリーブが仲間になった!
オリーブ
「ミミズの穴から出てくる
モンスターで苦労してない?
私がいれば、ミミズの穴から
モンスターが出てこない
ように
してあげられるわ。
よろしくね。

▲ページトップへもどる

東の森

東の森2(魔バス)

カベルネ
「最初はたぶん、オレたちを
助けたいと思ってたんだヌ~。
カシス
「そうかも知れないね。
それがアイツらしいね。
ペシュ
「それがどうしてエニグマと融合
なんて話になったんですの!?
カベルネ
「グラン・ドラジェが倒した
モンスターの話、知ってるヌ~?
ブルーベリー
「聞いたことはあるけど
どこまで本当だか・・・・。
カベルネ
「ソイツが、城を三つ壊したのも、
兵士が200人以上死んだのも、
全部本当らしいヌ~。
オレの兄キもソイツと戦って、
そのケガのせいで・・・・
レモン
「まさか、ソイツって
エニグマ?
カベルネ
「まちがいないヌ~。
そう考えると、ガナッシュが
エニグマに会おうとしてるワケも
わかるヌ~。
シードル
「だから、それがどうしたのさ~。
もう倒しちゃったんだろ?
グラン・ドラジェが~!
終わった話だよ。
カベルネ
「そのエニグマって、
おそらく・・・・
ガナッシュの姉キヌ~。
キルシュ
「ウゲ・・・・・・・・。
アランシア
「ガナッシュのお姉さんって、
臨海学校から戻ってすぐ・・・・
3年前だったっけ~?
一人旅に出るとか言って
いなくなってたんだよね~?
キルシュ
「ガナッシュの姉キが、その
エニグマだって
なんでわかるんだよ。
カベルネ
「オレの兄キ・・・・
ホネを・・・・
シブスト城の見える場所に・・・・
そう言い残して息を引き取った
らしいヌ~・・・・。
ブルーベリー
「シブスト城・・・・?
グラン・ドラジェが戦った城?
ウワサでは、例の魔モノは
今でもそこに閉じ込められてる
と・・・・。
アランシア
「そうか~。
自分を殺した魔モノがいる城が
見えるとこに、おホネをうめて
欲しいって、ヘンだもんね~。
レモン
「でも、どうしてそれが
機密になってんだ?
ブルーベリー
「魔法学校のなりたちがエニグマの
力によるものでしょ?
グラン・ドラジェがエニグマに
力をもらって、物質界に魔法を
もたらしたの。
だから、魔法学校とエニグマが
ごたごたしてるのが世間に
知れると、マズいんじゃない?
キルシュ
「たしかに、あの学校出身の
有力者って多いもんな。
ピスタチオ
「学費も高いし、グラン・ドラジェ
にとっては、金の成る木だっぴ。
レモン
「どうして、もっと早くヤツを
引きとめなかったんだよ。
カベルネ
「アイツ、最初はそんな気は
なかったヌ~。
オレたちを助けるついでに
ちょっとだけエニグマのことを
知りたいだけだったヌ~。
ピスタチオ
「キャンディはなんで
ついて行ったっぴ?
オリーブ
「彼女・・・・・・・・
エニグマが憑いてるわ・・・・・・・・。
ピスタチオ
「エニグマが憑いてるっぴ――――
――――――――――――っ!?
マドレーヌ先生
「ふ~~~~~!!
カイゾーかんりょう!!
これで死のプレーンへも
行けるぞ!!
センキュ~! カフェオレ!
カフェオレ
「ガガガガガガ・・・・・・・・
ピ――――――――ッ!
レモン
「先生!!
カフェオレをどうしたのッ!?
マドレーヌ先生
「だいじょうぶ
だいじょうぶ。
発声回路をはずしただけよ。
なれればまた、
しゃべれるようになるわ。
カフェオレ
「ガガガガガガ!!!!!!
ガガガガガガ!!!!!!
ピ――――――――ッ!
マドレーヌ先生
「よーし、それじゃあ、さっそく
死のプレーンへしゅっぱ~つ!
ピスタチオ
「お――――――――――。
マドレーヌ先生
「元気がないぞ~!!
もう一回言ってみよ~!!
死のプレーンへ向けて~
しゅっぱ~~~~つ!
ピスタチオ
「お――――――――――。

大岩(死のプレーン)

キャンディ
「このプレーンのどこかに
最強のエニグマ・・・・
ケルレンドゥがいるわ。
ソイツと融合しちゃえば
あなたの夢もかなうってことね。
ガナッシュ
「キャンディ・・・・。
オレの目的を知ってるのか?
キャンディ
「知ってるわ。
お姉さんを助けるんでしょ?
エニグマと融合して
自分の意識を失ってしまった、
かわいそうなお姉さんを。
ガナッシュ
「オリーブに聞いたのか?
キャンディ
「あなたのお姉さん、お城の中に
とらわれてるんですって?
それを助けるのに、エニグマの
力が必要なんですって?
ガナッシュ
「本当に姉にエニグマが
憑いてたりしたら・・・・。
オレが・・・・・・・・
キャンディ
「え??
ガナッシュ
「姉のことは、オレが自分の手で
ケリをつけてやる。
どういうことかわかるだろ?
それでもオレに最後まで
ついてくるつもりかい?
キャンディ
「・・・・・・・・。
ついて行くわよ・・・・。
決めたんだもん・・・・。
ガナッシュ
「もしオレが、最強のエニグマと
融合してしまったら・・・・・・・・
オレは何をしでかすのか、
自分でもわからない・・・・・・・・。
キャンディ
「あなたは自分で思ってるほど
悪い人じゃないわ!
たとえエニグマと融合しても、
あなたは自分を失ったりしない!
信じてるからついて行くのよ!
ガナッシュ
「・・・・・・・・。
もしかして・・・・、
キミは自分の身に何が起きてるか
気づいていないの?
キャンディ
「え・・・・・・・・??
なぁに・・・・・・・・??
私が変わったってこと??
オリーブが言ってたみたいに
私がヘンだって思ってるの??
ガナッシュ
「・・・・・・・・。
キャンディ
「ヒドいよ・・・・・・・・。
私のこと何も知らないくせにッ!
今まで、私の気持ちをずっと
ふみにじってきた あなたが
どうしてそんなこと言えるの!?
やっと自分の思いに素直になれた
のに、前のままの何もできない
私にもどれって言うの!?
ガナッシュ
「姉の時もそうだった・・・・。
姉はあの時まだ、
エニグマと融合してしまった
ことを、知らなかった。

▼回想シーン

ヴァニラ
「あいかわらずヘタっぴな
ハモニカだなぁ。
社会のめいわくだぞ。
ガナッシュ
「姉キ・・・・。
今までどこに行ってたんだよ・・。
ヴァニラ
「どこだろうね・・・・・・・・。
いろんなところよ・・・・・・・・。
ガナッシュ
「彼にはもう会ったの?
心配してたよ。
ヴァニラ
「彼って、シャルドネのこと?
ガナッシュ
「うん。
ふさぎこんでるって言ってたよ。
カベルネもね。
アイツも姉キのこと
好きだったんだよ。
ヴァニラ
「会えるわけないじゃない。
ガナッシュ
「???
会えるわけない???
ヴァニラ
「そうよ!!
会っちゃいけないのよ!!
私やあなたはちがうのよ!!
生まれた時からちがうの!!
ガナッシュ
「どうしたんだよ?
おかしいよ、姉さん・・・・。
ヴァニラ
「おかしいのは私じゃない!!
この世界がヘンなの!!
全てよ!!
何もかもおかしいわ!!

▼回想シーン終了

ガナッシュ
「ふだんはいつも通り、
何も変わった様子はなく、
時おり、ささいなきっかけで
理性を失い、声を荒げる。
感情のゆらぎは大きく、
泣けば、そこらじゅうの物を
壊してまわり、笑えば、誰にでも
だきついてキスをする。
そして、ある日とつぜん
いなくなった。
ガナッシュ
「姉をすくえなかったのは、
オレのせいかも知れない・・・・。
キャンディ
「ゴメンね、ガナッシュ・・・・・・。
もう泣かないから・・・・
私をキライにならないで・・・・。
あなたと行くってきめたの・・・・。
ガナッシュ
「行こうキャンディ。
いっしょに。
地の底までも。

東の森2(魔バス)

バルサミコ
「それじゃあ、行くぜぃ!!
死のプレーン!!
みんな目をつむれ!!
息をとめてぇッ!!
そのまま1時間ッ!!
レモン
「死ぬだろッ!!
(魔バスが死のプレーンへワープする)

大岩(死のプレーン)

マドレーヌ先生
「ふぁぁぁ・・・・・・。
ごめんなさい・・・・・・・・。
先生、ちょっとだけ
横になるね・・・・・・・・。
ペシュ
「先生!?
どうかしましたの!?
だいじょうぶですの!?
レモン
「つかれてるんだよ。
そっとしてやりな。
シードル
「一人で闇のプレーンを
走り回ってたからね。
しばらくは、ボクらだけで
やってみようよ。
カベルネ
「キャンディとガナッシュを
さがしに行くヌ~。

▲ページトップへもどる