HOME > データベース > 会話集(イベント会話):東の森

東の森

ショートカット

▲ページトップへもどる

東の森1

王者の森

キャンディ
「ねぇ、オリーブ・・・・。
ちょっといい?
オリーブ
「わたし・・・・?
キャンディ
「すぐ終わるから。
(キャンディがパーティを離れ、
オリーブも彼女についていく)
カベルネ
「女の子だけで
ナイショの話しヌ~。
ガナッシュ
(モンスターの鳴き声が響き渡る)
「何か来る・・・・!
でっかいけもの
「ほが――――――――ッ!!
(でっかいけものがガナッシュに襲いかかる)

東の森1

キャンディ
「ねぇ、ガナッシュは
どこに行く気なの?
何をするつもりなの?
オリーブ
「わかんない・・・・。
どうして私に聞くの?
キャンディ
「ウソよ・・・・。
私、カベルネから聞いたのよ。
あなた、人の心を読めるんで
しょ?
オリーブ
「・・・・・・・・
キャンディ
「本当だったのね・・・・?
信じられない・・・・。
オリーブ
「全部じゃないよ!
ほんの少しだけ!
キャンディ
「全部じゃないにしても
少しは読めるってこと!?
じゃあ、ガナッシュがどこに
行こうとしてるか教えて!
どうしてガナッシュは
私たちに何の説明も
してくれないの!?
オリーブ
「そんなに怒鳴らないで・・・・。
悲しくなるから・・・・。
キャンディ
「ズルいよ・・・・。
二人だけ目的を知ってるなんて。
私とカベルネは、引きずり
まわされてるだけなのね!?
オリーブ
「ごめんね、キャンディ
私にも全部はわからないの!
ただ、ガナッシュは
お姉さんを助けたいって
それだけを考えてるの。
キャンディ
「姉さんを?
どう言うこと?
助ける?
さっぱりわかんない!
オリーブ
「彼のお姉さん、
つかまってるみたいなの。
大きな城の中に・・・・
何重にも兵士がとりまいて・・・・
キャンディ
「つかまってる・・? 助ける・・?
どう言うこと・・・・?
兵士が何重にもとりまいてたら
近づけもしないわ!
オリーブ
「エニグマと融合すれば・・・・・・・・
兵士の100人や200人・・・・・・
キャンディ
「じょうだんでしょ!!
それだけのこと知りながら、
なんで止めないのよ!!
オリーブはどうして何も言わず
ついて行ってるだけなのよ!!
オリーブ
「だって・・・・
それは・・・・
キャンディ
「私があなたのことキライなの
知ってた?
オリーブ
「・・・・・・・・
知らないよ・・・・。
そんなこと知りたくない・・・・。
本当は私だって、人の気持ち
なんか、わかりたくないよ!
キャンディ
「大ッキライ。
アナタは何でも知ってるのよ!
私の気持ちも、ガナッシュの
気持ちも、全部知ってるんだわ!
キャンディ
(モンスターの鳴き声が響き渡る)
「何!?
今の声!?

王者の森

カベルネ
「ふ~~~~~
なんとかなるモンだヌ~。
オレたち、こっちに来てから
ぜんぜん強くなったヌ~。
この調子なら・・・・
エニグマを全部倒すのも
むつかしくはないヌ~。
キャンディ
「キャ――――――――ッ!!
ガナッシュ
「キャンディの声だ!!
(ガナッシュがキャンディの様子を見に行く)
カベルネ
「女の子だけでウロウロするから
危険な目にあうヌ~。
ガナッシュ
「急げ!!
カベルネ!!
カベルネ
「まったく、世話の焼ける
子猫ちゃんヌ~。
(カベルネがガナッシュの後を追う)

東の森1

▼奥へ進むと会話が発生

マドレーヌ先生
「だいじょうぶ!?
しっかりして!!
キルシュ
「どうしたんだ!?
何があったんだ!?
ブルーベリー
「どうしたの!?
だいじょうぶ!?
ペシュ
「どうしましたの!?
いったい何がありましたの!?
レモン
「だいじょうぶか!?
いったい何があったんだ!?
アランシア
「や~ん!
だいじょうぶかしら~!?
ピスタチオ
「だいじょうぶだっぴか!?
しっかりするっぴ!?
マドレーヌ先生
「だいじょうぶ・・・・。
死んではいないみたい・・・・。
オリーブ
「・・・・・・・・
・・・・・・・・ん・・・・・・・・
んん・・・・・・・・
ガナッシュ
「キャンディ!!
オリーブ!!
だいじょうぶか!?
(ガナッシュがキャンディたちのもとへ駆け付ける)
マドレーヌ先生
「!?
ガナッシュ・・・・!!
カベルネ
「子猫ちゃ~ん
・・・・・・・・
(カベルネも遅れて駆け付ける)
カベルネ
「ありゃ?
キャンディ
「・・・・・・・・
・・・・・・・・
ん・・・・・・・・
んん・・・・・・・・
ガナッシュ
「先生!!
彼女たち、どうしたんですか!?
マドレーヌ先生
「私が来た時には、近くには
何もいなかったけど・・・・
とりあえず、命にかかわるような
ケガは負ってないわね。
気を失ってるだけみたい。
オリーブ
(倒れていたオリーブが起き上がる)
「・・・・・・・・
あ・・・・・・・・
先生・・・・・・・・
カベルネ
「気がついたヌ~。
ガナッシュ
「キャンディは!?
キャンディはだいじょうぶか!?
キャンディ
(倒れていたキャンディが起き上がる)
「・・・・・・・・
・・・・・・・・
あれ・・・・・・・・?
みんな・・・・・・・・。
どうしたの・・・・・・・・?
シードル
「それを聞きたいのは
こっちのほうさ~。
ガナッシュ
「いったい何があったんだ?
オリーブ。
オリーブ
「わからない・・・・・・。
急に襲われて・・・・・・。
気がついたら、みんなが
・・・・。
カベルネ
「キャンディちゃ~ん。
だいじょ~ぶヌ~?
目がすわってるヌ~。
キャンディ
「私・・・・・・・・
いったいどうしたの・・・・・・?
マドレーヌ先生
「先生の目を見て。
キャンディ。
オリーブ
「覚えてないの・・・・?
マドレーヌ先生
「心を閉ざしてる・・・・・・・・。
カベルネ
「なんでわかるヌ~??
先生も人の心が読めるヌ~??
セサミ
「魔法使いなんだぜ~。
そのくらい当然だろ~?
オレだって読めるぜ、
人の心くらい。
でも空気が読めないんだな~。
場の空気がわかんなくてさ~
ハズしちゃうんだな~。
はっはっはっはー。
オリーブ
「もしかして・・・・
私のせい・・・・?
ショコラ
「た―――― け――――
て―――― す――――
キルシュ
「ショコラの声だ!!
ブルーベリー
「ショコラの声よ!!
助けを呼んでるわ!!
ペシュ
「ショコラちゃん!!
たけてすじゃありませんの!!
たすけてですの!!
レモン
「ショコラだ!!
この森には何がいると言うんだ!
アランシア
「ショコラの声だ~!
助けを呼んでる~!
ピスタチオ
「ショコラの声だっぴ!!
助けを求めてるっぴ!!
シードル
「まったく、どうなっているのか
闇のプレーン。
ボクらの胸の中にまで
闇のとばりを落とすのか~い?
ガナッシュ
「先生、オリーブとキャンディを
たのみます!
ショコラはオレが助けてくる!
(ガナッシュ立ち去る)
カシス
「あっ!! ズルいぞ!!
ガナッシュ!!
カベルネ
「オレも行くヌ~!!
(カベルネがガナッシュの後を追う)
オリーブ
「待って!!
私も!!
(オリーブもガナッシュの後を追う)
キャンディ
「あっ・・・・!!
私も・・・・!!
(キャンディもガナッシュの後を追う)
マドレーヌ先生
「キャンディ!!
待ちなさい!!
マドレーヌ先生
(先生がキャンディを追いかける)
「あなたまで行かなくていいの!!

▲ページトップへもどる

王者の森

▼倒れているでっかいけものに触れる

でっかいけもの
「はが――――――――ッ!!
死ぬかと思った――――ッ!!
ちくしょ――――ッ!!
エニグマもいなくなっちまった
この森ではなぁ―――――ッ!!
オレ様が王者なんじゃ――ッ!!
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

でっかいけもの
「死ぬ――――――――ッ!!
うが――――――――ッ!!
(でっかいけものが倒れる)

▼【A】でっかいけもの(バダブーン)に触れる

死んでるみたいだ。
トドメをさしてみる?

▼選択肢で「はい」を選択

でっかいけものが消滅する

▼選択肢で「いいえ」を選択
 ※台詞内の『( )』は女主人公の場合に表示されます。

でっかいけもの
(でっかいけものが起き上がる)
「ありがてぇ。
アンタ、いい人だ。
これから、アンタのことを
アニキ(アネゴ)と呼ばせてくで。
(※選択肢Bが表示される)
でっかいけもの
(※選択肢Bで「はい」を選択)
「さすがアニキ(アネゴ)!!
ハートを感じるぜ!!
ハートと言えば、リギニオ密林
ハートのカタチの精霊を見た
ことがあるぜ!!
でっかいけもの
(※選択肢Bで「いいえ」を選択)
「ふが――――っ!!
(でっかいけものが倒れる)
(※再度【A】の会話に戻る)

▲ページトップへもどる

東の森2

バルサミコ
(魔バスが闇のプレーンに到着する)
「ヘイヘイ!
ついたぜ!
闇のプレーンだ!!
キルシュ
「闇のプレーンか・・・・。
ブルーベリー
「闇のプレーンの
どのあたりかしら・・・・。
ペシュ
「さっき、ショコラちゃんの
声が聞こえたような・・・・
レモン
「やっと来れたわね。
けっこう手間取ったわね。
アランシア
「どこがどうって言う
ワケじゃないけど・・・・
なんだか、イヤな
ふんいき~。
ピスタチオ
「ははははは。
闇のプレーンだっぴ。
ははははははは。
バルサミコ
「よーし!!
ほんじゃ行くぜ!!
カフェオレたちを
さがしに!!
・・・・・・・・。
アレ?
キルシュ
「アレ?
アレってなんだよ、アレって。
ブルーベリー
「どうしたの?
ペシュ
「・・・・・・・・・・
なんか、ヤな予感。
レモン
「・・・・・・。
どうしたの、バルサミコ?
まさか、動かないなんてこと
ないよね?
アランシア
「ん~?
どうしたの~?
ピスタチオ
「どうしたっぴ?
まさか、こわれたっぴか~!?
なーんつってね!!
ははははは!!
バルサミコ
「動かない・・・・。
レモン
「バルサミコ~!!
たのむよ~!!
ピスタチオ
「ははははははははははは!!
バルサミコ
「あーはっはっはっは!
それにしても、アレだよなぁ!
サンドイッチ食ってて、シルが
たれそうになった時、タテに
持ってなめるヤツいるだろ?
レタスとか、ハムとか
びらびらしてるとこを、
こう・・・・ ペロペロ~っと
アレ、やめてほしいよなぁ。
アランシア
「いや~ん、なんか
オヤジっぽ~い。
ブルーベリー
「ごまかさないで、バルサミコ!
まったく、どうするつもりよ!
ペシュ
「ごまかしちゃいけませんの!!
なんとかしてくださいの!!

▼魔バスに近づくと会話が発生

バルサミコ
「おっ!!
カフェオレ!!
いいとこに来た!!
みんなー!!
カフェオレだ―!!
助かったぞー!!
カフェオレ
「アアア・・・・
コンドハ ナニニナルンダ・・・・?
バルサミコ
「コンドはカイゾーしねぇから!!
ちょっとだけたのむ!!
バッテリー貸してくれ!!
ちょっとだけだ!!
よっ!! 主役!!
魔バスが動くようになり
周囲をグルグル走る
バルサミコ
「ひゃっほ――――ッ!!
走るぜ走るぜ――――ッ!!
ブイブイブイ――――ンッ!!
レモン
「うるせぇよ!! バルサミコ!!
大事な話なんだよ!!
止めてくれよ!!
バルサミコ
「止まったら死ぬ――――ッ!!
サメだ――――ッ!!
オレはサメだ――――ッ!!
ブルーベリー
(レモン?がバルサミコを殴り、
むりやり止めさせる)

「今までの話をまとめるわね。
まちがってたら言ってね。
ブルーベリー
「クラスメイトの数は16人。
それとマドレーヌ先生。
で、今ここいにるのが、11人。(※)
残りは5人。
それから、マドレーヌ先生。
ガナッシュとカベルネ、それに
キャンディとオリーブが、
ショコラを助けに行った。
あと、そろってないのは以上の
5人で、マドレーヌ先生は彼らを
追いかけて行った。
(※誤記の可能性があるが、画面の表示通りに記載した。)
カシス
「で、どうする?
ここで待ってるかい?
彼らがショコラを連れて
帰ってくるのを。
キルシュ
「いや、行こう。
行かなきゃダメなんだよ。
なぁ!
セサミ
「そうそう!!
行こう行こう!!
ペシュ
「行こうって・・・・
どこに行くんですの?
キルシュ
「まず行動することが大切なんだ!
頭で考えててもダメさ!
セサミ
「まったくだ アニキ!
男は根性とパワーだぜ~ッ!
シードル
「キミたち、それじゃぜんぜん
お話にならないよ。
どこでもいいから行けばいいって
言うんだったら、沼の中にでも
飛びこめばいいじゃないか。
ピスタチオ
「とりあえず、帰りたい人たちは
帰るってのはどうだっぴ?
アランシア
「ダメよ、そんなのは~
みんなで帰るって
決めたんだから~!
ピスタチオ
「いつ決めたっぴ――――ッ!!
オイラ知らないっぴ―――ッ!!
カシス
「ガナッシュたちがここに
もどるとは限らないからな。
待つにしても、ここで待ってる
ことを 伝えないことには
どうしようもないよな。
キルシュ
「その通りだよ!
まず体を動かす!!
リクツは後でいいんだ!!
レモン
「オマエ・・・・ それ・・・・
ナチュラルで言ってんの?
シードル
「もー いいよ。
わかった わかった。
キルシュの好きにしなよ。
キミがリーダーでいいよ!
カフェオレ
「マチナ!
アオニサイ!
ダレガ リーダーダッテ!?
カシス
「おお、主役のお出ましだー。
カッコイイ――――ッ!!
カフェオレ
「マバスガ ウゴイテルコト、
ココニコレタコト、
ゼンブ オレノ オカゲ。
ワカル?
ブルーベリー
「ハァ・・・・・・・・
つかれたからちょっと休むね。
カフェオレ
「オレ、シュヤク。
オマエラ ワキヤク。
オ~ケ~?
オレ、リッパ。
オマエラ ヘボ。
ワカルダロ?
キルシュ
「誰がリーダーでもいいよ!!
さっさと行こうぜ!!
カフェオレが決めたいなら
決めればいいさ!!
オレはこの時間をムダに
したくないだけなんだ!!
カフェオレ
「オ~ライッ!!
○○○! ピスタチオ!
ベストペア!!
オマエラ イケ!!
ピスタチオ
「なんでオイラだっぴ―――ッ!?
カフェオレ
「アトハ ○○○
オマエニ マカセルワ。
セサミ
「なんじゃ、そりゃ。
レモン
「まぁ、いいか。
主役もああ言ってることだし、
○○○が決めてくれ。
これ以上 ややこしくなるの
もうイヤだ。
ああ、そうそう、
パーティは今まで通り、
6人までで行こうね。
パーティの入れ替えは
魔バスでできるってこと
忘れないでね。
カフェオレもちょっと
壊れかかってるけど、
ばんばん使っていいからね。
とりあえず、ガナッシュ達を
探して、みんなが待ってる
ことを伝えてちょうだい。
それじゃ!
GOOD LUCK!
ピスタチオ
「それじゃ○○○、
オイラはここに残るっぴ!!
それでいいっぴか!?

▼選択肢で「はい」を選択

ピスタチオ
「あうう。
ちょっとさびしいっぴ。

▼選択肢で「いいえ」を選択

ピスタチオ
「なんで――――――――ッ!?

▲ページトップへもどる

東の森4

パイライト
「そのマッドマンなら、ドワーフに
つれられてひのやまへいったプ。
ガナッシュ
「火の山?
どうして?
パイライト
「なんだ、しらないプ?
めずらしいプ!
マッドマンのはらのなかには
ほーせきがはいっていると
いーつたわってるプ。
マッドマンはつちでできてるけど
カチカチになってて、オノでも
こわれないプ。
でも、ひであぶるとー!
ボロボロとくずれて、なかの
ほーせきもとりだせるプ。
カベルネ
「あの、ぼーっとしたショコラに
そんな秘密があるヌ~・・・・。
マドレーヌ先生
「ガナッシュー!!
カベルネー!!
ガナッシュ
(先生がガナッシュたちと合流する)
「先生!!
カベルネ
「ショコラがたいへんヌ~!!
ドワーフにさらわれてモルビエ
火山
に連れて行かれたヌ~!!
マドレーヌ先生
「ショコラが!?
まさか、宝石目当て!?
パイライト
「おお、こっちのおねーさんは
しってるプ。
まぁ、しっててとーぜんプ。
やみのプレーンではみんな
しってるプ。
そんじゃ、これでプ。
ププププププププ・・・・・・・・。
(パイライト立ち去る)
マドレーヌ先生
「ところで、
オリーブとキャンディは・・・・?
ガナッシュ
「いっしょじゃなかったん
ですか!?
カベルネ
「まさか、二人ともオレ達を
追ってきたヌ~?
マドレーヌ先生
「・・・・
どうしよう・・・・。
マズいわね・・・・。
ガナッシュ
「先生!!
ショコラをたのみます!!
(ガナッシュ立ち去る)
カベルネ
「オイラも行くヌ~!!
(カベルネがガナッシュの後を追う)
マドレーヌ先生
「無事でいてね・・・・。
みんな・・・・。
(先生立ち去る)

▲ページトップへもどる