HOME > データベース > 会話集(イベント会話):エニグマの森~ツリーマンの集落

エニグマの森~ツリーマンの集落

ショートカット

▲ページトップへもどる

エニグマの森

▼奥へ進むと会話が発生

ダブハスネル
「来ると信じていたよ。
力は誰にとっても必要なものだ。
くっくっくっく。
カシス
「何かいるぜ!
この先だ!
セサミ
(主人公たちがセサミと合流する)
「ゴクッ・・・・・・・・
シードル
「セサミだ!!
なんとか間にあった!!
セサミ
「!!!!!
ダブハスネル
「間にあった???
何が間にあったのかな??
この男は、今、わが手中にある。
手出しができるのかな?
ピスタチオ
「イヤだっぴ!!
エニグマなんかと融合しちゃ
イヤだっぴ!!
カシス
「エニグマと融合してどうする
つもりだ!?
セサミ
「変えたいんだ・・・・・・・・。
カフェオレ
「カエル?
カエルッテ ナニヲ?
セサミ
「虫に夢中になってエニグマに
さらわれたのも・・・・・・・・
何も考えずにムスクさんの
言いなりになってたことも
・・・・・・・・
全部、オレが悪いんだ。
だから、オレはエニグマと
融合して自分を変えるんだ。
ダブハスネル
「くっくっくっく。
良いこころがけだ。
みんな見習ってはどうだ?
ただの人間など、われらの
力の前にはゴミ同然。
変わってみないか?
シードル
「そんなんじゃ何も変わらないよ。
キミはずっと、ボクの気持ちを
わからないままだし、
ボクもキミのことを、ずっと
わからないままだよ。
それは、今のまま
変わらないってことだろ?
セサミ
「・・・・・・・・。
シードル
「仲直りしよう。
ダブハスネル
「くっくっくっく・・・・・・・・。
弱いヤツはカタをよせあうより
他に、生きる道がない。
あわれだとは思わぬか!?
セサミ
「弱いとか強いとかは
関係ないんだ・・・・・・・・。
オレはオレのままでいいんだ。
ただ、少しだけ何かを
変えたいだけなんだ。
ダブハスネル
「変わるさ、何もかも。
オマエはオレの宿主になるのだ。
それがオマエの運命なんだよ。
セサミ
「・・・・・・・・。
カシス
「好きにしろよ。
オマエが決めな。
ダブハスネル
「力だ・・・・・・・・。
オマエに必要なのは力だ。
オマエの体に、オレの力が加わ
れば、物質プレーンを落とす
こともたやすい。
セサミ
「好きにしろって言ったよな
カシス・・・・・・・・。
カシス
「オマエは自由だ。
融合したけりゃしろよ。
セサミ
「好きにさせてもらうぜ!
オレがほしいのは力じゃない!
自由だ!
シードル
「そうこなくっちゃ!!
カシス
「自由であるために、まずは
道を切り開こうぜ!
ダブハスネル
「バカめ・・・・・・・・。
オマエが選んだのは
自由ではない。
『死』だ。
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

エニグマたちが消滅する
ピスタチオ
「心配だったっぴ――――!!
戻ってきてよかったっぴ――!!
シードル
「さっきは、すまなかったね。
キミって、何を言われても
こたえないんだって思ってた
から、つい言いすぎちゃった。
カシス
「言いワケになってねぇよ・・・・・・。
カフェオレ
「イイノカ イイノカ~?
エニグマト ユウゴウシテ
オレタチヲ ケチラスンジャ
ナカッタノカ~!?
セサミ
「弱くてもいいんだ!!
だって、オレはもうちょっとで
エニグマと融合するところ
だったんだぜ!!
その気になれば、世界なんて
滅ぼせたんだぜ!!
ってことは、ある意味
オレは世界をすくったんだ!!
そう言えなくもないだろ?
シードル
「そうだね。
弱くてもいいって言うのは
ある意味、強さでもあるよね。
カシス
「出た。
お得意の言葉のマジック。
注意して聞いてないと
はぐらかされるぜ~。
シードル
「意地が悪いなぁ~。
ボクもエニグマと融合したいよ。
ピスタチオ
「もうエニグマはコリゴリだっぴ!
ところで、ガナッシュたちは
どうしたっぴ!?
ショコラもいないっぴ!?
もっと先に行ったっぴか!?
セサミ
「ムスクさんの話だと・・・・
エニグマの森の先に、ツリーマン
の集落
や、こんにゃく様の村
あるらしいぜ。
そこで何かわかるかも知れない
から、このまま進もう。
この先だ!
カシス
「決まりー!
先へ進もうぜー!
セサミが仲間になった!)

▲ページトップへもどる

ツリーマンの集落

▼奥へ進むと会話が発生

マドレーヌ先生
「みんなはまだ、光のプレーンに
いるのかしら・・・・・・・・。
それとも、こっちに連れて
こられたりしてるのかしら
・・・・・・・・。
シードル
「先生の声だ!
カフェオレ
「センセイノ コエ!?
センセイ イルノカ!?
シードル
(主人公たちが先生と合流する)
「マドレーヌ先生!
マドレーヌ先生
「あ!
シードル!
それに、他のみんなも!
カシス
「よう、先生!
だいじょうぶだったか!?
マドレーヌ先生
「先生はだいじょうぶに
きまってるでしょ!!
それよりも、あなたたち、
エニグマに連れられて
こっちに来ちゃったの!?
カシス
「オレとシードルと、それから
セサミはそうだけど・・・・・・・・
カフェオレ達は、一回
学校へもどったらしいぜ。
カフェオレ
「オレノ ダイカツヤクデ
コッチニキタンダ。
マドレーヌ先生
「そうだったの・・・・・・・・。
今までたいへんだったでしょ?
でももうだいじょうぶよ。
すぐにカフェオレをカイゾーして
もとのプレーンに帰れるように
してあげるわ!
ピスタチオ
「古代機械に生まれてこなくて
よかったっぴ・・・・・・・・。
カフェオレ
「シクシクシク。
オレッテ カワイソウ。
カシス
「ちょっと待ってよ、先生。
オレたち、途中でキャンプを
やめて学校に帰ったら
その場で退学なんだけど。
マドレーヌ先生
「退学!?
そんなバカな!!
誰がそんなこと言ったのよ!?
セサミ
「校長が、出発前に・・・・・・・・
シードル
「セサミ!!
それを聞いたってことも
言っちゃダメだって!!
マドレーヌ先生
「そんな、バカな・・・・・・・・
そんなのただのじょうだんよ!
学校に帰りましょう!
カシス
「じょうだんじゃないよ、先生。
オレ、わかるよ。
校長は、オレたちをためしたり
だましたりしてるんじゃないよ。
シードル
「そうだね、旅の途中、
ずっと感じてた。
マドレーヌ先生
「感じてた・・・・・・・・?
いったい何を・・・・・・・・?
シードル
「ボクらの後ろで、校長が
ずっと見守ってるんだ。
ボクらが、戦ってる時や
めげそうになった時に、
ふっとつつみこんでくれた。
とても、優しくて
あたたかい気持ちで。
カシス
「オレたち、ずっと校長と
いっしょだった。
みんなも感じてただろ?
ピスタチオ
「闇のプレーンに来てからも、
日向のニオイがしてたっぴ。
オイラ、誰かにはげまされる夢を
何度も何度も見たっぴ。
だから、がんばれたっぴ。
セサミ
「オレだってそうだぜ。
ずっと校長といっしょだった。
○○○はどうだ?
校長が見守ってくれてたよな?

▼選択肢で「はい」を選択

カシス
「本当のことを教えてくれよ。
グラン・ドラジェはオレたちに
何を学ばせようとしてるんだ?
ハッキリ言って、こっちに来て
から、ずっと命がけの戦いが
続いたよ。
命がけで学ばなければいけない
ものって、何なんだ!?

▼選択肢で「いいえ」を選択

カシス
「こっちに来てから、ずっと
命がけの戦いが続いたからな。
○○○はリーダーだったし
まとめ役として、気を休める
ヒマがなかったんだ。
だけど、オレにはわかるんだ。
校長は命がけでオレたちに
何かを教えようとしている。
それが何なのか、
教えてくれよ先生!
マドレーヌ先生
「・・・・・・・・。
あなたたちには、かなわないわ。
さすが、校長が走り回って
集めてきた生徒ね。

▼回想シーン(ゼン部屋)

ガナッシュ
「先生、オレの姉さんは
どうなってしまったんだ!?
キャンプから帰ってきてから
ヘンなんだ!!
別人みたいなんだ!!
グラン・ドラジェ
「ガナッシュくんだったね?
姉さんがキャンプから
帰って来て変わったじゃと?
そんなことはない。
何も変わっておらんぞ。
変わったように思えるのは
ガナッシュくんが、姉さんの
全てを見ておらぬからじゃ。
マドレーヌ先生
「あのね、ガナッシュ、
あなたが、姉さんのことを
わかってあげることが大切なの。
どんなに変わっても、
姉さんは姉さんなのよ。
マドレーヌ先生
(ガナッシュが出て行こうとする)
「ちょっと待って!
ガナッシュ!
ガナッシュ
「もういい!!
二人には命の重さが
わからないんだ!!
(ガナッシュ立ち去る)
マドレーヌ先生
ヴァレンシア海岸での臨海学校
・・・・・・・・。
来年も、再来年も
続けられるのですか?
グラン・ドラジェ
「うむ。
魔法を学んだ以上、
闇をさけることはできんのじゃ。
もし誰も闇をコクフクできぬと
言うなら、なぜ魔法などを
教えねばならんのじゃ。
マドレーヌ先生
「でも、ガナッシュの姉の
ヴァニラは・・・・・・・・!!
グラン・ドラジェ
「ヴァニラか・・・・・・・・。
たしかに、このまま放っておけば
あの娘は この国の敵になる。
だが、それをおさえこんだところ
で、何のカイケツになるか。
魔法の力は誰にでも手に入る。
マドレーヌ先生
「魔法を学ぶには、命がけで
のぞめとおっしゃるのですか?
子供たちに、命をかけろと
おっしゃるのですか?
グラン・ドラジェ
「わかってくれ、マドレーヌ。
その真の恐ろしさも知らずに
魔法を教えてきたのはマチガイ
じゃった。
だが、もう遅い。
魔法を返してくれとは言えぬ。
ならば、やるべきことは一つ。
正しい道へと、子供たちを
みちびくことじゃ。
マドレーヌ先生
「だけど・・・・・・・・
危険すぎる・・・・・・・・。
グラン・ドラジェ
「愛とはなんじゃ、マドレーヌ。
そして、愛の反対とはなんじゃ?
おまえはそれを生徒たちに
教えねばならん。
わかるじゃろ?

▼回想シーン終了

マドレーヌ先生
「グラン・ドラジェ・・・・・・・・。
どうして、こんな私に
この子らをまかせたんですか
・・・・・・・・?
シードル
「ようするにエニグマのユウワクに
負けるなって言いたいんでしょ?
エニグマと融合すれば、
スゴい力が手に入るけど、
そんなユウワクに負けるな!
自分の魔力で打ち勝て!
ってね。
マドレーヌ先生
「うーん。
半分くらいあたってるかな。
カシス
「半分で50点だ、シードル。
落第だな。
マドレーヌ先生
「・・・・・・・・。
ピスタチオ
「オイラだってやれるっぴ!!
カシス
「ガナッシュたちがどんどん
先に行っちまうぜ~。
セサミ
「ゴクッ・・・・・・・・。
マドレーヌ先生
「いいよ、好きにしな。
シードル
「やった――――っ!!
先生大好き――――っ!!
マドレーヌ先生
「そのかわり、みんなそろったら
すぐに学校へもどるんだぞ!
カシス
「OK!
しょうちの上さ!
セサミ
「先生はどこに
行くんだ!?
マドレーヌ先生
「どっちが先にガナッシュたちを
みつけられるか・・・・・・・・
きょうそうだ~!!
(先生が先に行ってしまう)
カフェオレ
「アッ!!
ズルイッ!!
カシス
「オレたちも行こうぜ!!
ガナッシュをさがしに!!
シードル
「レッツゴ~!!

▲ページトップへもどる