HOME > データベース > 会話集(イベント会話):クムヤムト砂漠~アクアビット城

クムヤムト砂漠~アクアビット城

ショートカット

▲ページトップへもどる

クムヤムト砂漠

▼【A】水のヴェールを持っていない状態でしばらく(約4秒ほど)経つ

カフェオレ
「ダメダ~!!
オーバーヒート シソウ!!
ソロソロ モドラナイト
ヤバイ~!!

▼【A】の会話を聞いた後、しばらく(約4秒ほど)経つ
 または水のヴェールを持っていない状態でアクアビット城に入ろうとする

カフェオレ
「アチ~!!
シヌ~!!
モウ マチヘモドロウ!!
ダメダ~!!
オーバーヒートしたカフェオレを
かかえて、タピオカティ村まで
ダッシュでもどって来た。

▼水のヴェールを持っていない状態でアメフラシに触れる

カフェオレ
「ハァ~・・・・
キモチィィ・・・・・・
コレデ、モウチョットダケ
ダイジョウブカモ・・・・

▲ページトップへもどる

ずんどこ穴

▼奥へ進むと会話が発生

シードル
「ねぇ、みんな。
シードル
「ここにいるヴォークスの少年って
マサラティ村のメースだよね?
彼のために何かしてあげたいと
思わない?
カシス
「そうだな・・・・・・・・。
オンボロだけど、
この機械でもあげるか。
カフェオレ
「エッ!?
ソレハッ・・・・・・・・!!
シードル
「それ、いいね!
一人で旅するのって
危険が多いからね。
○○○、どう思う?
あげてもいいよね?

▼選択肢で「はい」を選択

カシス
「決まりだ!
もしメースにあったら
オンボロで悪いけど、
コイツをあげよう!
カフェオレ
「ソ、ソ、ソンナ・・・・・・・・
オンボロダケド
マダマダ ツカエルト
オモウノデスガ・・・・・・・・
イカガナ モンデショウ
アタフタ・・・・・・・・
シードル
「使えるからあげるんだよ。
タダのゴミだったら
あげられないじゃん。
カフェオレ
「シクシクシク・・・・・・・・
カシス
「カフェオレのことじゃねぇぜ。
マジックドールだぜ?
いいじゃん、ひろったもんだし。
カフェオレ
「エ?
マジックドール?
アッハッハッハッハ~!
オ~ケ~ オ~ケ~
ナンニモ モンダイナイ!
マジックドールノ
イチダイヤ ニダイ
クレテヤロウジャナイノ。
オヤスイモンサ。
ヘッヘッヘ。
シードル
「決まりだね。
メースに会ったら
マジックドールをあげよう。

▼さらに奥へ進むと会話が発生

カフェオレ
「メースハッケン!!
イクゼ イクゼ~!!
メース
(主人公たちがメースに近づく)
「わざわざ、こんなところまで・・・・
もしかしてボクにご用ですか?
カシス
「ああ、そうだよ。
メース
「もしかして、シナモンから何か
伝言とか・・・・・・?
シードル
「ざんねんながら、
そうじゃないんだけどね。
シナモンのことが気になるなら、
もう、イモさがしなんかやめて、
シナモンをさがせばいいのに。
バカだなぁ。
メース
「・・・・・・・・。
でも、こんにゃく様の村が
滅びるのを、ユビをくわえて
見てるわけには・・・・・・。
カフェオレ
「ソウヤッテ カノジョカラ
メヲハナシテルウチニ・・・・・・
ダレカガ カノジョヲ
サラッテイクゼ~
メース
「ははは・・・・・・・・。
彼女にとって幸せな道なら
それでいいですよ。
ところで、ボクに用って
何ですか?
キルシュ
「そうそう、闇の桜文鳥の
どかし方を知りたいんだ。
オマエなら知ってると
思ったんだ。
ピスタチオ
「そうだっぴ!!
教えてほしいことがあるっぴ!!
闇の桜文鳥のどかし方が
知りたいんだっぴ!!
メース
「なんだ、そんなことか。
すごくカンタンですよ。
闇の桜文鳥は『ちゅん!』と
言うとよってきて『じゅいー』と
言うと逃げるんです。
いろんな方向から、『ちゅん!』
とか、『じゅいー』とか言って
闇の桜文鳥を動かすんです。
カンタンでしょ?
カフェオレ
「カンタンジャネェカ!!
『チュン!』
『ジュイー』
コレデイインダロ?
メース
「・・・・・・・・。
カシス
「おめぇのは機械音に
なってるだろうが。
『ちゅん!』
『じゅいー』
とまぁ、こんな感じか?
メース
「うーん・・・・・・・・。
それもちょっと
ニュアンスが違うなぁ。
もっとこう、切なく求めて
むげに振りきるような・・・・・・
なんて言うのかなぁ・・・・・・・・
カシス
「切なく・・・・・・・・?
なんだ、それ?
シードル
「『ちゅん!』
『じゅいー』
でしょ?
メース
「そうそう!
それ!
カシス
「何だよそれ!?
同じじゃないのかよ!?
カフェオレ
「ブンチョウガカリ
ケッテイダ。
シードル
「文鳥係か・・・・。
そう言えば、小学生の時
ニワトリ係をやってたよ。
メース
「このあたりはたいへんでしょう?
ボクは父といっしょに、
小さいころから、たくさん
歩いてるからなれてるけど・・・・
あ、そうだ、これをあげます。
(メースから水のヴェール
もらった!)
メース
「この砂漠の北のほうに、
水で出来たお城があるんですよ。
精霊をお探しでしたら、
行かれるといいですよ。
ボクはもう少し、ここで
探していきます。
シードル
「あ、そうだ。
一人旅はたいへんだろうから、
このマジックドール
連れて行きなよ。
メース
「あ・・・・・・・・
でも、大切な友達なんでしょ?
カフェオレ
「オレジャナイノ!!
ソッチノ ポンコツノホウ!!
メース
「えー!!
本当にもらっていいの!?
こっちの古代機械じゃなくて
マジックドールのほう!?
本当に!?
カフェオレ
「シクシクシク・・・・・・・・
マジックドールと別れた!

▲ページトップへもどる

アクアビット城

シードル
「これが、メースが言ってた
水の城だね・・・・・・・・。
カシス
「すずしげで、いい感じだ。
キルシュ
「オレ、泳げないんだよなぁ。
だいじょうぶかなぁ。
ブルーベリー
「本当に気持ちいいわ。
心が洗われるよう。
ペシュ
「水でできてますの!?
信じられませんの!!
レモン
「城が水でできてんのか!?
どうなってんだよ!
アランシア
「すご~い。
カベの中を泳げそ~。
ピスタチオ
「水が城でできてるっぴ・・・・・・・・。

▼パーティにカフェオレがいる場合

カフェオレ
「ン?
ギャクダロ?

▲ページトップへもどる