HOME > データベース > 会話集(イベント会話):タピオカティ村~リギニオ密林

タピオカティ村~リギニオ密林

ショートカット

▲ページトップへもどる

タピオカティ村

民家

ココア
「んっ・・・・
ムスク
「飲みにくいかも知れんが
ガマンしてくれ。
それをあと30日も続ければ
病もなおるはずだ。
ココア
「うん・・・・。
明日も、その次も飲むの・・・・?
ムスク
「ああ、そうだ。
かなり病が進行している。
一日でも欠かすとあぶない。
ココア
「なんだか、すごくイヤな味・・・・。
苦くも、辛くもないけど・・・・
胸につかえるような・・・・
すごく悲しくなる味・・・・。
ムスク
「あと、ひと月ばかりの
しんぼうじゃないか。
病気がなおったら、うまいものを
たくさん食べよう。
肉でも、果物でも、ケーキでも、
なんでもいいぞ。
何が食べたい?
ココア
「・・・・・・
んーん。
なにも食べたくない・・・・。
ムスク
「今は体が何もうけつけない
だけなんだ。
来月になれば、何か食べたく
なるさ。
ココア
「ありがとう・・・・。

▼ムスクに話しかける

ムスク
「キミたち、見かけない顔だね。
さっきもキミたちくらいの子供が
何人か、この村を通って、東の
エニグマの森へ向かったよ。
このあたりは、文鳥がジャマで
通れなかったり、砂漠は熱くて
バテたりで、たいへんだろう?
さっき来てた子供らは、宿屋に
泊まってたヴォークスの少年に
文鳥のどかしかたを聞いてたよ。
私は、文鳥のどかし方は知らない
のだが、上手な砂漠の歩き方なら
わかるよ。
でも、今はいそぐし、教えても
意味が無いから、またあとでね。
ムスク
「ああ、ごめんごめん。
話が長くてわかり
づらかったろう?
妹のココアにメモ
わたしておくから、あとは
妹に聞いておくれ。
それじゃ。
(ムスクがココアにメモを渡し立ち去る)

タピオカティ村(屋外)

ムスク
「おいで、フェンネル。
ごめんな。
オマエにも苦労かけるな。
フェンネル
「ぐるるる
(ムスクがフェンネルを連れて立ち去る)

道具屋

ニャムネルトの道具屋
「アレはもうあつかってないんだ。
値段が上がっちゃってね。
ここ数ヶ月で、ものすごく少なく
なったらしくてね。
自分でさがしてみなよ。
まだ何羽か残ってるだろ?
ムスク
「そうですか・・・・。
たしかに、このへんではもう
見かけなくなりましたね・・・・。
ニャムネルトの道具屋
「大きな声じゃ言えないが
・・・・
・・・・・・の ・・・・・・に
・・・・・・が
・・・・・・・・・・らしいぜ。
ムスク
「あんなところに・・・・?
でも、なんで?
あそこは、モンスターがウヨウヨ
いるハズじゃ・・・・?
ニャムネルトの道具屋
「そんなこたぁ知らないよ。
もしつかまえに行くんなら、
あまったヤツは買うぜ。
ムスク
「はははは。
ご親切にどうも。
いろいろとありがとう。
(ムスク立ち去る)

タピオカティ村(屋外)

ムスク
「仕事だよ、フェンネル。
おいで。
(ムスクがフェンネルを連れて立ち去る)

▼ムスクを見失ったフェンネルに近づく

ムスク
「こっちだよ。
(フェンネルがムスクの後を追いかける)

▲ページトップへもどる

レヒカフ沼周辺

レヒカフ沼周辺7

▼ムスク&フェンネルに近づく

ネクター
「何者だ!!
ムスク
「おおっと・・・・・・・・。
それはこっちのセリフさ。
キミこそ村では見かけない顔じゃ
ないか。
こんなとこで何をしてるんだい?
ネクター
「オレはこの先の地底ジャングルを
守っている。
用が無いなら帰れ。
ムスク
「そんなふうに言わなくても
帰るよ。
今度、村へも遊びに来なよ。
キミとは話があいそうだ。
それじゃあ。
(ネクター立ち去る)
ムスク
「チッ。
顔を覚えられた・・・・・・・・。
このまま行くわけには
いかないな・・・・・・・・。
フェンネル
「ぐるるる・・・・・・・・。
ムスク
「そうだ!!
(ムスクがフェンネルを連れて立ち去る)

▲ページトップへもどる

リギニオ密林

リギニオ密林2

▼ネクターに話しかける

ネクター
「やぁ、こんなところまで
ようこそ。
カフェオレ
「ドードードリダ~
イッパイオルノ~
カシス
「ひゃ~。
トリくせぇ~。
シードル
「こんなにも自然があふれてると
自然の中で生きてると言うより、
生き方の中に自然があるって
感じだね~
セサミ
「ここだな・・・・・・・・。
まちがいない・・・・・・・・。
シードル
「????
キルシュ
「セサミか!?
ピスタチオ
「セサミの声だっぴ!!
ネクター
「!?
セサミ
(セサミがフェンネルと一緒に現れる)
「行け!!
フェンネル!!
ぜんぶつかまえるんだ!!
フェンネル
「がるるるるるるるるッ!!
どーどー
(フェンネルがどーどーたちを襲う)
『ど――――――――――ッ!!
ネクター
「やめろ!!!
何をするんだ!!!
セサミ
「ジャマだ!!
どけーっ!!
(セサミがネクターを止めようとする)
ネクター
「最近、どーどーをとりまくって
いたのはオマエか!!
セサミ
「知らねぇよ!!
そんなの!!
オレは命を助けてもらった
人のためにやってんだ!!
シードル
「セサミ!?
どうしてセサミがここに!?
キルシュ
「セサミ!!
オマエ、なにやってんだ!!
ピスタチオ
「何やってるっぴー!?
やめるっぴー!!
カシス
「とりあえず、そこで暴れてる
ヤツを止めようぜ!!
ココア
(ココア登場)
「やめなさいフェンネル!!
どーどーをいじめちゃダメ!!
セサミ
「オマエは、ムスクさんの
妹のココア!?
なんでオマエがジャマしに
来るんだよー!!
ココア
「お兄ちゃんにたのまれたの!?
だったらやめて!!
今すぐにやめて!!
どーどーを殺さないで!!
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

ムスク
(ムスク登場)
「フェンネル―――ッ!!
(フェンネルが消滅する)
ネクター
「兄さんっ!!
キルシュ
「??
ピスタチオ
「兄さん??
カシス
「・・・・・・・・
ネクター
「兄さん!!
だいじょうぶかい!?
しっかりして!!
返事をしてよ!!
起きて!!
兄さぁ――――ん!!
ムスク
「・・・・・・・・
少年よ・・・・
そのどーどー鳥は・・・・
まさか・・・・
ネクター
「どーどー鳥じゃない!!
オレの兄さんさ!!
エニグマの呪いでどーどー鳥に
なってるけど、1000年後には
もとにもどるんだ!!
それを・・・・
それをオマエはッ・・・・・・!!
ココア
「・・・・・・・・
カシス
「マジかよ・・・・。
ムスク
「すまない・・・・。
知らなかったんだ・・・・。
妹の呪いをとくためには
どうしてもどーどーの血が
必要で・・・・・・・・
森で助けたセサミくんを
使って、ここのどーどーを
とらせてたんだ・・・・・・・・。
いや、知っていたところで・・・・
1000年後!?
1000年後にもどるって!?
ムスク
「1000年なんて待てるもんか!
待てるわけがないだろ!?
オレが殺さなくったって
他のヤツが殺してクスリに
してしまうだけだろ!!
だったら、オマエの兄だろうが
なんだろうが関係ない!!
どーどーはどーどーだ!!
オレの妹の呪いをとくために
つかまえて、殺して、
クスリにして何が悪い!!
ココア
「イヤ―――――――ッ!!
もうやめて―――――――ッ!!
私のためにどーどー鳥を
殺したりしないでッ!!
ネクター
「帰ってくれ!!
みんな帰ってくれ!!
ムスク
「帰れだって・・・・?
このままでは、妹はどーどーに
なってしまうんだぞ!!
かわいいフェンネルを失って
妹まで失えと言うのか!!
オマエを殺してでも、
どーどーはいただいて行く!!
ココア
「もうやめて!!
ムダなのよ、もう!!
お兄ちゃん・・・・。
これを見て・・・・。
ムスク
「!!!!!!!
ココアッ!!
それはッ!!!
ネクター
「!!!!!!
ココア
「お兄ちゃんが心配するから
かくしてたけど・・・・
もうおそいの・・・・。
手だけじゃないのよ・・・・
胸やおなか・・・・ 足にも・・・・
キルシュ
「いったい何がどうしたんだ?
ピスタチオ
「なんだっぴ・・・・?
どうしたんだっぴ・・・・?
ネクター
「この子の呪いって・・・・
エニグマの・・・・
ココア
「そうよ。
私、どーどーになっちゃうの。
エニグマの呪いで・・・・
どーどーになっちゃうの・・・・!
ムスク
「毎日欠かさずに、どーどーの血を
飲ませたんだが・・・・
クソッ!!
ネクター
「どーどーの血を飲ませたって
進行を遅らせるだけで
呪いそのものがとける
わけじゃない。
ムスク
「クソッ!!
オレはどうすればいいんだッ!!
オレはいったいッ!!
ネクター
「ざんねんだが、オレには
どうにもできないよ。
もう、帰ってくれ。
ココア
「私は残ります!
ここに残ります!
ムスク
「ココア・・・・
ココア
「どーどーになってしまうのは
もう止めようがないでしょ!?
だったら、村にいるより
ここにいたほうが安全でしょ?
ムスク
「たしかにここは、どーどーに
とって安全な場所だ・・・・
しかし、私がそれでよくても、
彼が・・・・
ネクター
「オレはかまわないよ。
だけど、アンタはもう
二度とここに来ないでくれ。
ココア
「私のせいで、あなたの
お兄さんを死なせてしまって・・・・
私、どう言ったらいいか・・・・
どーどー
『どー・・・・
ネクター
「!!!!!
兄さん!!!!!
どーどー
『どー・・・・
ココア
「息がある!!
まだ死んでないよ!!
ネクター
「カエルグミだよ・・・・
食べられる・・・・?
どーどー
『どー・・・・
どーどー
『ど~・・・・♪
ど~・・・・♪
ココア
「いきかえったぁーっ!!
ネクター
「兄さん・・・・
本当に・・・・
ネクター
「やったぁ――――――――っ!!
兄さんが生きてた――――っ!!
死んでなかったんだ―――っ!!
ココア
「やっほ――――――――っ!!
ネクター
「やったぁ――――――――っ!!
ムスク
「フッ・・・・。
よかった・・・・。
ココア、私はもう少し
呪いのことを調べてみる。
何か方法があるかも知れない。
いや、必ず見つけてみせる。
あ、それから、
キミたち、砂漠の歩き方を
教えてほしいって言ってたね。
私の部屋にくれば
いつでも教えてあげるよ。
それじゃ!
(ムスク立ち去る)
ココア
「お兄ちゃん・・・・!
セサミ
「ふざけんな――――!!
オレのことはまた
知らんふりかよ――――!!
カシス
「やっていいことと悪いことが
あるんだぜ、セサミ。
ちゃんとわかってんのか?
セサミ
「ムスクさんは、オレがエニグマに
追いまわされてる時に
助けてくれたんだ!!
オマエら、オレがエニグマに
連れていかれた時、
何もしてくれなかったじゃ
ないか――――!!
キルシュ
「それは、オマエがいつまでも
虫に夢中になってるからだろ。
もっと、まわりを見ろよ。
ピスタチオ
「エニグマに追いまわされたのは
オイラも同じだっぴ!!
セサミは虫を追いまわしてばかり
いるから、ヒドイ目にあうっぴ!
はんせいするっぴ!!
シードル
「セサミの目は、虫の目なんだよ。
まわりのことなんて、
何も見えてないのさ。
セサミ
「虫をバカにするな――――!!
シードル
「虫をバカにしたんじゃないの!
キミをバカにしたの!
カシス
「もういいよ、行くぜ。
セサミももう、一人でいるのは
こりただろ?
セサミ
「うるさ―――――――――い!!
オマエらなんか、エニグマと
融合して、ひねりつぶして
やる――――!!
(セサミ立ち去る)
カシス
「待てよ!!
セサミ!!
カフェオレ
「シードル、サッキノハ
イイスギダッタナ。
シードル
「・・・・・・・・。
つい思ってること全部
言っちゃった・・・・・・・・。
まずかったな・・・・・・・・。
カシス
「過ぎたことさ。
しょうがないよ。
信じよう。
シードル
「セサミ、本当にエニグマと
融合するつもりかな?
カシス
「わからねぇ。
とりあえず、文鳥のどかし方を
覚えて、エニグマの森
向かおう。
カフェオレ
「ブンチョウノ ドカシカタヲ
シッテルヤツハ
サバクニ イルンダロ?
ダッタラ マズ ムスクニ
サバクノ アルキカタヲ
キカナイト ダメダナ。

▲ページトップへもどる

タピオカティ村

民家

▼「ニャムネルトのエラそうなおじさん」に話しかける

ニャムネルトのエラそうなおじさん
「キミたち、ムスクくんを
たずねて来たのかね?

▼選択肢で「はい」を選択

ニャムネルトのエラそうなおじさん
「ムスクくんは、この村から
出て行ったよ。
そうそう、キミらくらいの子供が
たずねてきたら、メッセージを
伝えるように言われたんだ。
砂漠では、時々アメフラシに
ふれながら歩くといい
そうだ。
私なんか、そんなことまでして
砂漠を歩きたいとは思わない
がねぇ。

▼選択肢で「いいえを選択

ニャムネルトのエラそうなおじさん
「だったら出て行きなさい。
この部屋は私のものだ。

▲ページトップへもどる