HOME > データベース > 会話集(イベント会話):マサラティ村

マサラティ村

ショートカット

▲ページトップへもどる

マサラティ村(屋外)

カシス
「シードル!?
キルシュ
「シードルじゃねぇか!!
無事だったか!?
ピスタチオ
「シードルだっぴ!!
シードルがいるっぴ!!
カシス
(主人公たちがシードルの所へ行く)
「なんとか生きながらえてる
みたいじゃねぇか!!
ところで、オマエ一人か!?
他の連中といっしょじゃ
なかったのか!?
シードル
「そんなに大声で
しゃべらないでよ。
みんな見てるからさぁ。
カフェオレ
「ハズカシガッテル バアイジャ
ネェダロ!
ホカノミンナハ イッショジャ
ナイノカッテ キイテンダ!
シードル
「他の連中って、ガナッシュや
オリーブたちのこと?
彼らだったらエニグマの森
行くって言って、沼をわたった
よ。
キルシュ
「本当にエニグマの森
めざしたのか!?
いったいどうして!?
ピスタチオ
エニグマの森だっぴか――――
――――――――――――ッ!?
どうしてエニグマの森なんかに
向かったっぴ――――ッ!?
シードル
「うぬぼれてるのさ、彼ら。
きっと、エニグマと戦っても
勝てるつもりなんだ。
やってられないよ!
カシス
「いや、やってられないとは
言ってもだねぇ・・・・・・・・
みんな、エニグマにさらわれて
こっちに来てるワケだし、
みんなをさがすとなると
エニグマの森へ向かわざるを
えないんじゃないかねぇ。
キルシュ
「その通りさ!!
ショコラだって、エニグマが
とりついたドワーフに
ひっぱりまわされてんだ!
エニグマの森をめざそうぜ!
ピスタチオ
「考えたくないっぴ―――!!
きっとショコラもエニグマ憑きの
ドワーフにエニグマの森に連れて
行かれたんだっぴ――――!!
イヤだっぴ――――!!
コワイっぴ――――!!
シードル
「ボクはエニグマの森へなんか
行かないよ。
カシス
「なんだって!?
友達がどうなったって
いいってのか!?
シードル
「そんなこと言ってないよ。
現実の話をしてるのさ。
ボクたちだけで何ができるって
言うのさ!!
ヘタに動いても、問題を大きく
するのがせきの山さ!!
安全な場所でじっとして
大人の助けを待つのが
ボクらがすべきことさ!!
ちがうかい!?
カシス
「オマエは正しいかも
知れないよ。
だけど、本当にそう思うなら、
オレたちを助けてくれる大人を
どこかから呼んで来いよ!!
オレたちが何もしなかったら
その間に、他の連中がどうなるか
わからないんだぜ!!
シードル
「そんなこと言われても
ボク、こまるよ。
カフェオレ
「オレタチ マバスデ イチド
ガッコウヘ モドッタンダ。
ダケド、コンカイノケンハ
オトナニタヨラズ ジブンタチデ
カイケツスルコトニシタンダ。
シードル
「ムチャクチャだよ、そんなの。
みんなヒーローになりたい
だけなんじゃないの?
カシス
「校長が、キャンプの前に言った
言葉、覚えてるか?
シードル
「キャンプを途中でやめたら
退学だって?
ふざけてるよ!
それに、今はそんなこと
言ってる場合じゃないよ!
カシス
「校長はこうなることを
知っていたのさ。
キルシュ
「やっぱりか!!
みんなそう感じてたんだな!!
こうなることを知っていながら
キャンプを途中でやめるな
なんて!!
ひでぇ話だぜ!!
ピスタチオ
「やっぱりそうだっぴか。
みんな気づいてるっぴか。
こんな危険な目にあうことが
わかっていながら キャンプに
行かせたっぴ。
ヒドい校長だっぴ。
シードル
「・・・・・・・・
どうして・・・・・・・・?
どうして、そんな・・・・・・・・!?
カシス
「校長はオレたちを
信じてるのさ。
シードル
「信じてる・・・・・・・・!?
カシス
「オレたちが乗り越えなければ
ならない何かがあるんだ。
大人たちでは、もう変えられない
何かがあるんだ。
校長は、オレたちにそれを伝え
ようとしているんだ。
そして、信じてる。
シードル
「信じてる・・・・・・・・
ボクらを信じてる・・・・・・・・
カフェオレ
「イコウゼ、シードル。
シンライニ コタエヨウ。
シードル
「イヤだ・・・・・・・・。
カシス
「ハァ。
しょうがないな。
シードル
「ボクはここに残る。
信じてくれなくていい。
むしろボクは、大人たちが
助けに来てくれることを
信じるよ。
カシス
「行こう。
もういいよ。
それに、ここに残るのも自由だ。
止めはしないさ。

リーダーの家

▼ジンジャーに話しかける

ヴォークスの指導者・ジンジャー
「私がマサラティ村のリーダー
ジンジャーだ。
この村が、闇のプレーンの中でも
平安を保っていられるのは、私が
いい仕事をしているからだ。
ヴォークスの指導者・ジンジャー
「オマエたちも、この平和を
存分に楽しむがよい。
ただし、沼の真ん中の氷の島へは
行かぬことじゃ。
先々代も、その前のリーダーも
あそこで命を落とした。
氷の島にあるジェラ風穴
そこにはとんでもない魔物が
おるからの。
ヴォークスの男
「リーダー、娘さんのことですが、
ちょっとよろしいか?
(ヴォークスの男登場)
ヴォークスの指導者・ジンジャー
「なんだ?
またいつもの話か?
ヴォークスの男
「今日もシナモン様は
例の場所へおいでのようで・・・・。
村の者たちも、いつまでも
大目に見るとはかぎりませぬ。
じっさいに・・・・
『リーダーの娘だから、ルールは
 守らなくても良いのか?』
・・・・との声も聞かれまする。
このままでは、何か事件が
起きるのではないかと心配で
なりませぬ。
ヴォークスの指導者・ジンジャー
「わかっている。
村のルールは守らせる。
リーダーの娘であろうと
例外ではない。
私は公平なリーダーだ。
シナモン
「ただいま、お父様。
(シナモンが家に戻ってくる)
ヴォークスの男
「私はこれで、
しつれいいたします。
(ヴォークスの男立ち去る)
ヴォークスの指導者・ジンジャー
「遅かったな。
どこへ行ってたんだ?
シナモン
「え・・・・?
あの・・・・
カエルグミをとりに・・・・
ヴォークスの指導者・ジンジャー
「そうか。
たくさんとれたか?
シナモン
「いいえ・・・・。
ちっとも・・・・。
ヴォークスの指導者・ジンジャー
「そうか。
つかれただろう。
今日はもう、外に出ないで
ゆっくりと休みなさい。
今日、どんなことがあったか、
明日、ゆっくりと話しをしよう。

マサラティ村(屋外)

▼門番をしているヴォークスの男に話しかける

ヴォークスの男
「キミをこの家に入れるなとの
リーダーのお達しがあるんだ。
帰りなさい。
メース
「でも、シナモンの忘れ物・・・・
じゃなくて・・・・
シナモンのハンカチが
森に落ちてたから・・・・。
ヴォークスの男
「ならば、私があずかろう。
メース
「直接わたしたい・・・・。
ヴォークスの男
「それはできぬ。
メース
「どうして?
ヴォークスの男
「ルールだ。
どうしてもと言うなら
リーダーの許可を
あおがねばならない。
メース
「リーダー・・・・?
シナモンのお父さんのこと?
だったら、今すぐ許可を・・・・
ヴォークスの男
「リーダーはおつかれだ。
またあとで来なさい。
メース
「それじゃ、また明日来ます・・・・。
今日は、宿に泊まりますから
何かあったら、宿のほうへ連絡
おねがいします・・・・。
(メース立ち去る)

宿屋

▼メースに話しかける

メース
「やぁ。
さっきはどうも。
なんだか、はずかしいところを
見られちゃったな。
キルシュ
「はずかしいとかじゃねぇよ!
ヒドイ話だよ!!
もっと怒れよ!!
ピスタチオ
「ハァ・・・・
オイラもせつないっぴ・・・・
メース
「ハハハハ・・・・。
そうだね・・・・。
さっきのハンカチをとどけるって
のは、シナモンが考えた作戦だっ
たんだ・・・・。
少しずつ、村の人となじめる
ように・・・・ってさ。
だから、シナモンのためにも、
少しずつ、あきらめないで
村の人となじもうと思って・・・・。
だから、明日また行ってみる。
ヴォークスの宿屋
「よしな、メースちゃん。
あんまり目だったことしてると
痛い目にあうよ。
(ヴォークスの宿屋登場)
キルシュ
「ん?
カフェオレ
「オオット! ダレディ!
クチヲ ハサムノハ!?
メース
「・・・・・・?
ヴォークスの宿屋
「メースちゃんの両親が死んだのは
村の者のせいさね。
メースちゃんの目を正面から
見れる大人は一人もいないの
さね。
キルシュ
「どう言うことですか?
話してください。
メース
「・・・・・・
ヴォークスの宿屋
「ウーズ熱はアイスシードさえ
あれば、カンタンになおせる。
沼の真ん中の氷の島の洞窟に
グラッシの花があり、その花が
アイスシードを実らせることも
みんな知っておる。
ただ、誰にも、それをとりに行く
度胸がなかったんじゃ。
大昔の言い伝えをひっぱりだして
きて、やれ『悪魔の熱だ』とか、
『呪いの熱』だとかさわいで、
誰もアイスシードを取りに
行こうとは、しなかったのさ。
それだけの話さね。
メース
「旅の人の前でそんなことを
言わないでください・・・・。
知ってましたよ。
そのことで村人をせめるなと言う
のが、父の最後の言葉でした。
自分のために命をかけろとは
言えないでしょう?
父は笑ってましたよ・・・・。
キルシュ
「だったら、ますます村の連中に
わからせてやらなきゃ!
ピスタチオ
「シナモンさんなら、
きっとわかってくれるっぴ・・・・
カフェオレ
「ク~ッ!
ナカセルネェ~!
ナカセルジャネェ~カ!
コンチクショイッ!!
メース
「村の人にわかってもらうために
大切なのは、言葉ではなく、
ボクが何をするかなんです。
ヴォークスの宿屋
「大人になったね・・・・
メースちゃん。
ご両親がなくなった時は
あんなに小さかったのに
ね・・・・。
ゴメンね、おじさん、
なんにもしてあげられ
なくて・・・・。
今日は泊まって行きな。
みんなもいっしょに・・・・。
タダでいいからね。

マサラティ村(屋外)

▼ジンジャーの家の前にいるメースに近づく

メース
「どうして会わせて
もらえないんですか?
教えてください。
シードル
「???
(主人公たちからちょっと離れて
様子を見ている)
ヴォークスの男
「それはだな・・・・、
えー、
シナモン様は今、お病気で
ふせっておられるゆえにだな、
また後日たずねられるが良い。
メース
「病気?
本当に病気なんですか!?
ヴォークスの男
「言うにことかいて!
本当に病気かだと!?
私がウソをついていると
言いたいのか!?
メース
「いえ、そんなつもりでは・・・・
せめて病名だけでも・・・・
ヴォークスの男
「病名は・・・・
ウーズ熱だ。
オマエみたいなヤツと
コソコソ会ってるから
こんなことになるんだ。
メース
(様子を見ていたシードルがどこかへ行ってしまう)
「う、うそだ・・・・
そんなことが・・・・
ヴォークスの男
「とにかく立ち去れ。
ジャマだ。
メース
「取ってきます・・・・
ヴォークスの男
「なんだってぇ~???
メース
アイスシード・・・・
取ってきます・・・・
ヴォークスの男
アイスシード・・・・
まさか・・・・!!
ジェラ風穴に入るのか!?
メース
「待っててください。
必ずもどります。
ヴォークスの男
「ちょっとまて!!
おい!!
アイスシードなど取ってきても
あんなモノは効かんぞ!!
ウーズ熱はなおらんのだ!!
わかってるのか!!
(メース立ち去る)
ヴォークスの男
「フン。
勝手にのたれ死ねばいいさ。
キルシュ
「ひっでーオッサンだなぁ!!
何考えてるんだまったく!!
ピスタチオ
「ヒドイっぴ・・・・・・・・。
カシス
「まさか、本気じゃねぇだろ?
やっかい払いできれば
理由はどうでもいいのさ。
シナモンのウーズ熱なんて話も
あやしいモンだぜ。
カフェオレ
「ショウネン、カノジョノコトハ
ワスレロ!!
コンナマチハ ステテ
ジユウニクラスンダ!!

▼タル船の近くにいるシードルに話しかける

カシス
「よう!
シードル!
町を出て冒険でもしてみる
気になったのかい!?
シードル
「冒険?
まさか・・・・・・・・。
汗水たらして、ドロにまみれて
何をしようって言うのさ。
カフェオレ
「ジャア、コンナトコロデ
ナニシテンダ?
シードル
「・・・・・・・・。
キルシュ
「リーダーの船が消えてる・・・・。
メースが使ってるのか?
ピスタチオ
「リーダーの船が消えてるっぴ。
メースはどこへ行ったっぴ?
シードル
「氷の島・・・・・・・・。
ジェラ風穴に行くって・・・・・・・・。
カシス
「一人でそんなところへ!?
アイツ、あのオッサンの話を
マに受けたのかよ!!
キルシュ
「ヤバいぜ!!
助けに行かないと!!
危険なとこなんだろ!?
ピスタチオ
「・・・・・・・・。
イヤな予感がするっぴ!!
すぐに助けに行くっぴ!!
カシス
「行こう、シードル!!
アイツを助けなきゃ!!
シードル
「・・・・・・・・。
カフェオレ
「イソグゼ!!
テオクレニナラナイウチニ!!
シードル
「キミらだけで行けよ。
ボクには関係ないよ。
キルシュ
「なんだってぇっ!!
ピスタチオ
「シードル、ヒドイっぴ!!
オイラだって、怖いのに
がんばってるのに!!
オイラよりずっと魔法が使える
シードルが何もしないなんて
ゆるせないっぴ!!
シードル
「・・・・・・・・。
みんな、ボクのママと同じように
死ねばいいんだ・・・・・・・・。
カシス
「??
シードル
「ボクとママとで、パナシェ山に
芸術祭の準備に行った時・・・・・・・・
ママが氷の彫刻に熱中している
うちに、外は吹雪になったんだ。
吹雪はそれから4日間も続いて、
食べるものもなくなって、ママは
助けを呼びに行くって・・・・・・・・
そのまま2度と戻らなかった・・。
その次の日に救助隊の人が来て
ボクは町へ帰ったけど、
ママは帰って来なかった。
カフェオレ
「・・・・・・・・。
カシス
「知らなかった・・・・・・・・。
でも、今のオレたちは
助けを待つ身じゃないだろ?
カシス
(シードル立ち去る)
「シードルッ!!
キルシュ
「いいよ、ほっとけよ。
オレたちでなんとかしよう。
アイツもふくめて、
オレたちが助けてやるしか
無いんだ。
ピスタチオ
「もう行くっぴ。
オイラたちだけでも
メースを助けるっぴ!!

▲ページトップへもどる