HOME > データベース > 会話集(イベント会話):レヒカフ沼周辺

レヒカフ沼周辺

ショートカット

▲ページトップへもどる

レヒカフ沼周辺1

カフェオレ
「ヤミノプレーンニ
ツイタゼ~

▼主人公たちから少し離れたところで、ガナッシュたちが話をしている

キャンディ
「ふ~・・・・
なんとか勝てたけど・・・・
ここって、どこなの・・・・?
カベルネ
「どこでもいいヌ~。
もう、何も怖くないヌ~。
これからも、力を合わせて
行くヌ~。
シードル
「エイ! エイ!
オ~~~~~!
な~んてね。
ハハッ。
ガナッシュ
「まだ、ショコラもセサミも
みつかっていないだろ?
さっさと行こうぜ。
オリーブ
「私もさがしに行く!
キャンディ
「さがすって行っても、
アテはあるの・・?
ここって、闇のプレーン
なんでしょ?
シードル
「そうだね。
何が飛び出すかわからないのに
なんの計画もなしに動くなんて
相当なうぬぼれ屋さんか・・・・
おバカさんだね。
キャンディ
「あわわわわわわわ。
そうゆー言い方をしなくても、
だから、ほら、あれよ、
ほら、その、えーと、
なによ、ほら。
ガナッシュ
「ここは、レヒカフ沼
ほとりだ。
子供のころに何度か来たことが
ある・・・・。
両親と、そして姉といっしょに。
東に歩けば、犬族ヴォークス
マサラティ村に出るはずだ。
キャンディ
「な~んだ、もう。
ちゃんと考えているじゃな~い。
そうとわかれば、もう
モタモタしてることないよね?
行こう、ね?
ガナッシュ
「みんなはマサラティ村
残るといい。
ショコラとセサミはオレが
さがしてくるよ。
キャンディ
「あ~ん!
置いていかないでよ~!
あなたがタヨリなんだから~!!
あなたヌキのメンツなんて、
もう、ヒドイもんよ!
シードル
「なんだよ、それ~。
やる気なくすなぁ~。
ボクの魔法だって
それなりに決まってるの
見てないの~!?

▼ガナッシュたちの会話が終了

キルシュ
「今、ガナッシュ達の声
しなかったか?
とにかく急ごう!
ここでのんびりしてるわけには
行かない。
まずは、ギュウヒ・オグラ
さがそうぜ。
レヒカフ沼の南西だ。
ブルーベリー
「今、ガナッシュ達の声が
聞こえたわ。
いそぎましょう!
・・・・・・
と、その前に・・・・
ギュウヒ・オグラをさがした方が
いいかしら・・・・。
レヒカフ沼の南西でしたっけ?
ペシュ
「闇のプレーン・・・・
はじめて来ましたの・・・・
とにかく、
ギュウヒ・オグラちゃんを
さがしますの!!
レヒカフ沼の南西にいるって話
ですの!!
レモン
「行こう。
行くしかないんだ。
とりあえず、ギュウヒ・オグラ
あたってみよう。
レヒカフ沼の南西だ。
アランシア
「いや~ん
なんだかイヤな感じ~
早くギュウヒ・オグラ
さがしましょう。
レヒカフ沼の南西よ。
ピスタチオ
「ははははは。
ははははははは。
行くっぴ。
レヒカフ沼の南西だっぴ。
ギュウヒちゃ~ん。
オグラちゃ~ん。
ははは。
ははははは。

▲ページトップへもどる

レヒカフ沼周辺4

▼倒れているマジックドールに近づく

キルシュ
「おい、あそこにブッ倒れてる
変なヤツ見えるか!?
あれって、マジックドールって
ヤツじゃねぇか?
動くのかなぁ?
ブルーベリー
「ねぇ、あそこに倒れてるもの
見える!?
あれって、マジックドールじゃ
ない?
動くのかしら?
ペシュ
「見てくださいですの!!
マジックドールですの!!
マジックドールが落ちてますの!
動きますの!?
壊れてますの!?
レモン
「ねぇ、あそこに倒れてるの
もしかしてマジックドール?
もし動くんだったら戦力に
なるんだけど・・・・・・・・。
ちょっと見てみましょう!
アランシア
「ねぇ~ あそこに倒れてる子・・・・
マジックドールっぽいよ~
もしかして動くのかな~?
ちょっとブキミかも知れな~い
ピスタチオ
「マジックドールだっぴ!!
連れていくっぴ!!
コイツを前に立たせて、オイラは
後ろで戦うっぴ!!
カフェオレ
「キカイノコトナラ
オレニマカセロ。
カフェオレ
「デリヤッ!
(カフェオレがマジックドールを叩いて?起こす)
キルシュ
「おお!!
すげぇ!!
ブルーベリー
「機械のあつかい方って
そんなのでいいのね。
ペシュ
「すごいですの!!
カフェオレちゃん!!
レモン
「そんな・・・・・・・・
ぞんざいな・・・・・・・・。
アランシア
「やった~!
ピスタチオ
「ブラボ~!!
MD04-フラウンダが
仲間になった!

▲ページトップへもどる

ムシのいどころ

▼なぞの虫(ギュウヒ・オグラ)に話しかける

なぞの虫
「わ~た~し~は~
い~も~む~し~
い~も~む~し~
ご~ろ ごろ~
カフェオレ
「ヤミノプレーンノ オソロシサヲ
カイマミタヨウナ キガスル・・・・
なぞの虫
「ムムッ!!
そなたらは!!
魔法学校ウィルオウィスプの
生徒ではないか!?
キルシュ
「・・・・・・
たしかにその通りだが、
オマエはなんだ?
ブルーベリー
「たしかにそうだけど
あなたは・・・・?
ペシュ
「よくわかりましたの!
たしかにそうですの!
なんでわかりましたの?
レモン
「たしかに、そうだけど、
アンタ、なにモンだよ。
アランシア
「たしかにそうだけど~
どうしてわかったの~?
ピスタチオ
「オイラ、ピスタチオだっぴ。
アンタはナニモノだっぴ?
なぞの虫
「聞いておどろけ!
私は魔法界のオーソリティ!
ギュウヒ・オグラであ~る!
わ~た~し~は~
な~ん~で~も~
し~って~い~る~
な~ぜ~な~ら~
わ~た~し~は~
オ~ソ~リ~ティ~
キルシュ
「げげっ!
アンタが!?
ブルーベリー
「え~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~っ!?
本当にぃ~~~~~~っ!?
ペシュ
「まぁ!
そうでしたの!
私たち、ギュウヒちゃんを
さがしてましたの!
レモン
「なんだってぇ――――――
―――――――――ッ!?
あ、いや、
しつれいしました。
あの、わたしたち、実は
先生をさがしてたんです。
いや、あの、その、
はははははは。
アランシア
「いや~ん
虫なの~!?
イモ虫なの~!?
ピスタチオ
「ははははははは!
ムシだっぴ!
イモムシだっぴ!
なぞの虫
「何をしておるかっ!!
いっしょに歌わんか!!
なぞの虫
「わ~た~し~は~
い~も~む~し~
い~も~む~し~
ご~ろ ごろ~

マサラティ村

▼ガナッシュのパーティがマサラティ村に到着する

シードル
「ふ~
ようやく村についたね。
あとはここで先生たちが
助けに来るのを待とうよ。
キャンディ
「さんせ~!
私も、もうヘトヘト。
ここは安全な村だって話だし
しばらく、ここにいましょうよ。
ガナッシュ
「みんながそうしてくれると
オレも動きやすいよ。
それじゃ。
(ガナッシュが先に行ってしまう)
カベルネ
「オレも行くヌ~!
(カベルネがガナッシュの後を追う)
オリーブ
「私も行く!
(オリーブがガナッシュの後を追う)
キャンディ
「ちょっと待ってよ!!
置いて行かないでよ!!
(キャンディがガナッシュの後を追う)
シードル
「・・・・・・・・。
みんな行っちゃった・・・・・・。
バカなんだから、みんな。
自分たちだけで何が
できるって言うのさ。
ふん!

ムシのいどころ

ギュウヒ・オグラ
「そなたらの思いは
わかってお~る!!
なんてったって私は
オーソリティッ!!
(ギュウヒ・オグラから
闇の地図をもらった!)
ギュウヒ・オグラ
「そなたらのベンギをはかって、
ここはすでに登録しておいた!
私のカンでは、そなたらの
担任のマドレーヌ先生と
クラスメイト8人は・・・・
闇のプレーンに来ておーる!!
そしてなんと、闇の存在が
おまえ達をねらっておーる!!
ここから、沼の外周をつたって
北へ行けば、ヴォークスの住む
マサラティ村へと出よう!
まずは、マサラティ村
目指すがよい!

▲ページトップへもどる

レヒカフ沼周辺4

カシス
「カリを返すぜ。
ここでケリを付けさせてもらう。
見覚えあるドワーフ
「おめぇの友達をさらったのを
怒ってるだか~!?
いや、これは、さらったんでね!
すぐ返してやるだ!!
おめぇの友達の力を、ちょびっと
かりてぇだけなんだ~!?
カシス
「・・・・・・・・。
キルシュ
「よう!!
カシス!!
オマエもこっちにいたのか!!
ブルーベリー
「カシス!!
見つけたわ!!
やっぱり闇のプレーンに
いたのね!!
ペシュ
「カシスちゃん!!
おひさしぶりですの!!
レモン
「よう、カシス。
お取り込み中かい?
アランシア
「カシス~!!
元気だった~!!
助けに来たよ~!!
ピスタチオ
「カシスだっぴ!!
カシスがいるっぴ!!
カシス
(カシスが主人公たちの方へ振り向くと、
そのスキに見覚えあるドワーフが逃げてしまう)

「ん??
カフェオレ
「??????
カシス
「!!!!!
キルシュ
「今のは、もしかして
ショコラか?
ブルーベリー
「!!!
ショコラ!?
ペシュ
「今のは、もしかして
ショコラちゃんですの!?
レモン
「ん!?
ショコラじゃないのか!?
アランシア
「あっ!
なんか、今走って行った子・・・・
ショコラにそっくり~。
ピスタチオ
「ショコラだっぴ!!
カシス
「そう。
ショコラだ。
キルシュ
「なんで追いかけないんだ!?
ブルーベリー
「追いかけましょう!!
ペシュ
「追いかけますの!!
悪いドワーフですの!!
レモン
「ぼーっと見送ってる
場合じゃないだろ!?
追いかけようよ!!
アランシア
「追いかけなくていいの~!?
ピスタチオ
「追いかけるっぴ!!
ショコラはオイラの大切な・・・・
カベだっぴ!!
カシス
「・・・・・・・・。
ムダなんだ・・・・・・。
ヤツはワープの魔法が使える。
追いつめたら、ひゅ~んさ。
キルシュ
「闇のプレーンではドワーフまで
魔法を使うのか!?
おそるべし!!
闇のプレーン!!
ブルーベリー
「ドワーフが魔法を?
そんなハズはないわ。
ドワーフは魔法を使えないのよ。
知らないの?
ペシュ
「ドワーフが魔法を使いますの!?
しかもワープ!?
信じられませんの!!
レモン
「ウソだろ?
見まちがいだよ。
ドワーフは魔法を使えないんだ。
誰でも知ってるぜ。
アランシア
「え~っ!?
ドワーフが魔法を~!?
信じられな~い!
ピスタチオ
「ブブ~!
ドワーフは魔法を使えないっぴ。
そんなウソには
ひっかからないっぴ
カシス
「ヤツにはエニグマが
融合してる・・・・。
オレ一人だったら、正体を
あらわして、襲いかかってきた
ハズだ。
カフェオレ
「イヤナ テンカイニ
ナッテキタゼ・・・・・・。
カシス
「さすがに闇のプレーンでは
一人じゃヤバい感じだ。
手を組もうぜ。
カシスが仲間になった!)

▲ページトップへもどる

レヒカフ沼周辺3

クアトロフォルマッジ
「オマエは魔法が使えるか?
シナモン
「魔法?
魔法がどうかしましたか?
カシス
「ドワーフの声だ!
クアトロフォルマッジ
「オレの新たな宿主にふさわしい
魔法の使い手かと聞いている。
質問にこたえろ。
シナモン
「そんなたずね方をして
誰がこたえるもんですか。
立ち去りなさい。
カシス
「・・・・・・・・。
ショコラがいないぞ。
どこかにかくして来たのか?
クアトロフォルマッジ
「チッ!
ジャマが入ったか!
(クアトロフォルマッジがワープして逃げる)
カシス
「ちくしょう・・・・・・・・!
これじゃ追うに追えねぇ!
シナモン
「ヘンなドワーフね・・・・・・・・。
まったく、どうしたのかしら。
カシス
「まったく、いつになったら
ケリがつくのか・・・・・・・・。
シナモン
「あら、はじめまして。
私はシナモン。
マサラティ村の者です。
ところで、先ほど村のほうでも
何人か旅の方を見ましたけど、
お知り合いですか?
キルシュ
「オレたちくらいの子供か?
だったらガナッシュたちだ!
ブルーベリー
「きっと、ガナッシュ達ね。
ペシュ
「ガナッシュちゃんたちですの!
レモン
「たぶん、私達の友達だわ。
ガナッシュに、キャンディに、
オリーブに、それから・・・・
アランシア
「う~ん、もしかしたら
そうかも~。
でも、わかんな~い。
ピスタチオ
「オイラ、旅人の知り合いなんて
いないっぴ・・・・。
それよりも、シナモンさん・・・・
キレイだっぴ・・・・
カフェオレ
「ガナッシュタチダナ。
マチガイナイ。
シナモン
「もしお知り合いでしたら
彼らを止めたほうがいいかも。
彼ら、レヒカフ沼の南
わたるって言ってましたから。
キルシュ
「なんだって!?
沼を!?
いったい、どうやって!?
ブルーベリー
「あいかわらずむちゃなこと
やるわね。
ペシュ
「沼!? 沼って、ヒルとか・・・・
フンゾゾ虫とか・・・・
いろんなヘンな虫がいるんじゃ
ありませんの!?
レモン
「むちゃくちゃだな、あのバカ。
カフェオレ
「ヌマニハ ハイリタク
ネェナァ
サビタラ イヤダシナァ
シナモン
「なんでも、エニグマの森
行くんですってよ。
私はこれで!
村の人に見られたくないの!

▼パーティにブルーベリーがいる場合

ブルーベリー
「エニグマの森ですって!?
どうしてそんなとこに!?
シナモン
「理由は聞いてないわ。
でも、わけありみたいね。
とにかくいそぐから、
これで!
(シナモン立ち去る)

▼パーティにブルーベリーがいない場合

カフェオレ
「エニグマノモリ~~~!?
ピスタチオ
「エ! エ!
エニグマ~~~~!?
シナモン立ち去る
ピスタチオ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キレイなひとだっぴ・・・・・・

▲ページトップへもどる

メースの家

シナモン
「今日はチーズケーキも
持ってきたのよ。
すごく気に入ってたでしょ?
また焼いたの。
メース
「ありがとう、シナモン。
だけど・・・・
シナモン
「気にしちゃダメよ。
あなたは何も悪くないわ。
少しずつ村になじんで行けば
そのうち、買い物とかも
自由にできるようになるわ。
メース
「そうなればいいけど・・・・。
きっとダメさ・・・・。
ボクはあの村に入っては
いけないんだ・・・・。
シナモン
「何を言ってるのよ!
あなたは何も悪くないのに!
あなたがそんなことじゃ、
いつまでたっても今のまま
何も変わりはしないわ!
シナモン
「村の人は、あなたのご両親を
見捨てたから・・・・
あなたに会わせる顔が
ないだけなのよ・・・・。
メース
「ボクの両親は悪魔だから
ウーズ熱にやられたんだって。
みんな言ってるよ・・・・。
ボクも悪魔なんだよ・・・・。
シナモン
「メース、私の気持ち
わかってるでしょ?
それなのに、どうしてそんな
私をためすようなこと聞くの!?
信じてくれないの!?
メース
「シナモン・・・・。

▲ページトップへもどる