HOME > データベース > 会話集(イベント会話):レーミッツ宮殿

レーミッツ宮殿

ショートカット

▲ページトップへもどる

宮殿内部・入口

▼「レーミッツ宮殿門」にいる「さすらいポット族」からダンジョンの進み方を聞くと会話が発生

キルシュ
「ちょっと待て。
カクニンしたいことがある。
アランシア
「なぁに?
キルシュ
「属性のことについて話してる
ポットのことだけど・・・・・・・・
そいつらの向いてる方に進めば
いいんだよな?
アランシア
「そうよ。
ちゃんと覚えてたのね。
キルシュ
「よっしゃあっ!!
オレってアタマいいぜ!!
ピスタチオ
「・・・・・・・・。
オイラ、コメント不能だっぴ。

▼「宮殿内部・入口」のマップ上部の中央の階段に近づく

ピスタチオ
ペシュのニオイがするっぴ!
ブルーベリーもだっぴ!
アランシア
「ホント~!?
この中にいるの~!?
トルティーヤ
「ここまでだ!
宮殿への立ち入りは許さん!!
トルティーヤ
「オマエたちのため言ってるのだ。
エニグマの話は聞いているだろ?
ソイツがこの中にいることが
わかっているんだ。
オマエたちでは危なすぎる。
早々に立ち去るがいい。
キルシュ
「キケンなんか、いつも
しょうちの上だぜ。
トルティーヤ
「しょうちだと?
オマエに何がわかるかッ!!
この中にいるエニグマは
おそらく3体

しかも、手ごわい相手だ。
簡単に 倒せると思うなッ!
ピスタチオ
「だけど、中からブルーベリーと
ペシュのニオイがする
っぴ~。
トルティーヤ
「不用意な・・
なぜわざわざキケンな場所へ・・
タルト
「ムスコさん・・・・
あっしらも、力を貸して、
ともにエニグマを倒すのが
いいのでは・・・・?
トルティーヤ
「しかし・・・・
キルシュ
「意地はるなよ。
これだけ頭数がそろってんだ。
今がエニグマを倒すチャンスじゃ
ないのかい?
トルティーヤ
「・・・・
倒す・・・・
誰も 彼もが 口を開けば
倒すだの、殺すだの・・・・
なんてあわれな・・・・
タタン
「ムスコさん・・・・
トルティーヤ
「なぜ倒す必要がある・・・・?
ヤツらが何をした!?
光におびえ、
宮殿に引きこもっているだけの
相手をッ・・・・!
ピスタチオ
「エニグマのカタを持つっぴ?
どうかしてるっぴ!?
そっちにエニグマを倒す理由が
なくても、こっちにはあるっぴ!
ヒドイ目にあったっぴ!!
タルト
「ムスコさん、あっしらも
愛の大使のハシクレ。
ムスコさんの気持ちは
よ~く、わかりやす。
しかし、ここは・・・・
トルティーヤ
「これ以上 言っても
ムダのようだな。
オマエたちに 事情があるなら
倒すのも しかたがないこと。
しかし 私は・・・・!
タタン
「ムスコさん、
今は、人を助ける時。
誰も手を汚さずに 生きてゆける
時代ではありやせんぜ。
手を貸してやりやしょうぜ。
キルシュ
「オレたちだけでやるさ。
オマエはここで待ってな。
ピスタチオ
「フ―――――――――ンだ!!
おとなしく待ってるっぴ!
テガラはくれてやるっぴ!
アランシア
「ピスタチオ~
そ~ゆ~こと 言わないの!

▲ページトップへもどる

宮殿内部・大廊下

ペシュ
「あっ!!
ペシュ
「みんなー!!
たいへんですの―――!!
ブルーベリーちゃんが具合が悪く
なって、動けなくなって、
それから・・・・ それから・・・・
ピスタチオ
「それからどうしたっぴ!!
おちついて話すっぴ!!
アランシア
「そうよ、ペシュちゃん。
最初からちゃんと話して。
ペシュ
「あ、あ、あ、
あうあー
最初って、
どのへんからですの~?
キルシュ
「やれやれだぜブラザー。
まず、レモンがいっしょじゃ
ないワケから話しな。
ペシュ
「えーと、3人で門のとこで
エニグマに襲われそうになって
レモンちゃんがオトリになって
私たちを逃がしてくれましたの。
キルシュ
「それで?
ペシュ
「この宮殿の地下
待ち合わせてたんだけど、
ブルーベリーちゃんが具合が悪く
なって、レモンちゃんも来ない
から、誰か呼んでこようと・・・・
アランシア
「誰か呼んでこようと思って、
それで どうしてたの?
ペシュ
「迷子になってましたの・・・・
ピスタチオ
「たよりにならないっぴ。
ペシュ
「ピスタチオちゃんに言われたく
ありませんの!
キルシュ
「はい、はい、はい、はい。
わかった わかった。
で、ブルーベリーが、
この宮殿の地下にいるんだな?
で、それを、助けに行くと。
ペシュ
「最初から
そう言いましたの・・・・
ピスタチオ
「言ってないっぴ。
ペシュ
「ピスタチオちゃんのお耳は
虫の穴ですのッ!?
ピスタチオ
「虫の穴じゃないっぴ!!
キルシュ
「どっちでもいいから、もう
行こうぜ。
ブルーベリーのことが心配だ。
ペシュが仲間になった!)

▲ページトップへもどる

宮殿内部・地下

▼マップ上部に行こうとすると会話が発生

ペシュ
「ここですの!
ここに ブルーベリーちゃんが
いますの!
エニグマがひそんでるかも
知れないけど、カクゴは
できてますの?

▼選択肢で「はい」を選択

ペシュ
「それじゃ行きますの!

▼選択肢で「いいえ」を選択

ペシュ
「用心にこしたことは
ありませんの。
しっかりと準備をととのえ
ますの。
(※自由行動へ)
ペシュ
「ブルーベリーちゃん!
だいじょうぶですの!?
ブルーベリー
「おひさしぶり・・・・
ペシュ・・・・
それに、キルシュ、アランシア、
○○○・・・・
ピスタチオ
「オイラもいるっぴ!!
ペシュ
「ブルーベリーちゃん!
休んでないといけませんの!
キルシュ
「エニグマは3体いるらしいな。
どうする?
ブルーベリー
「あんなヤツが3体も・・・・
アランシア
「ブルーベリー、もしかして
ここのエニグマを見たの~!?
ブルーベリー
「ええ、海岸に出たのとは、
ぜんぜん ちがうわ。
私たちで3体を相手にしたら
とても勝ち目はない・・・・
キルシュ
「レモンが1匹をマークしている
今がチャンスってことか・・・・。
残りのヤツらを、1匹ずつ
さそい出せばなんとか・・・・
ブキミな声
「ひっひっひっひっひ
・・・・・・・・
ペシュ
「エニグマですの!!
エニグマ
(エニグマがマップ上部左側の通路から出現する)
「ひっひっひっひ・・・・
安心しな。殺しはしない。
オレたちの宿主になってもらう。
光のプレーンで自在にふるまう
ためにはオマエたちが必要だ。
ピスタチオ
「い、い、い、イヤだっぴ!!!
融合なんかしたくないっぴ!!
オイラ、フサフサのしっぽも
ツヤツヤのおハナも
お気に入りだっぴ!!
エニグマなんかになりたく
ないっぴ!!
エニグマ
「死を前にして
同じことが言えるかな?
くっくっくっく・・・・。
キルシュ
「コイツかッ!!
1匹ずつたたきゃいいんだ!!
行くぜ!!
べつのエニグマの声
「ひっひっひっひ・・・・
ソイツが戦ってるあいだ・・・・
オレは何をして待ってれば
いいんだい?
(べつのエニグマがマップ上部右側の通路から出現する)
アランシア
「2匹だ~!
2匹もいる~!
エニグマ
「くっくっくっく・・・・・・
2匹とはな・・・・
虫のように呼んでもらって
光栄だよ・・・・・・・・。
(3匹目のエニグマが主人公たちの目の前に出現する)
ピスタチオ
「ひあ~~~~~~~~!!
オイラ融合したいっぴ!
エニグマ様と融合して
強くなりたいっぴ!!
死にたくないっぴ!!
エニグマ
「くっくっくっく。
わかってもらえて うれしいよ。
トルティーヤ
「力に屈しちゃダメだ―――ッ!!
(トルティーヤが登場。村長ワンドで
主人公たちの目の前にいたエニグマを攻撃する)
エニグマ
「ぬッ! うごッ!
うぐぐぉぉ・・・・・・ッ!
ぷぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!
(エニグマが消え去る)
キルシュ
「ムスコさん!?
トルティーヤ
「ゆだんするな!!
こっちは私たちにまかせろ!!
オマエたちは、そっちをッ!!
エニグマ
「くっくっくっくっ・・・・
闇にあらがうなど・・・・
虫ケラのやること・・・・
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

ペシュ
(全てのエニグマが消え去る)
「トルティーヤちゃん!!
キルシュ
「みんな無事か!?
ブルーベリー
「だいじょうぶ。
生きてるわ。
タルト
「ムスコさん・・・・
助かりやした・・・・
あっしら 助かったっす!!
トルティーヤ
「そう・・・・
エニグマが死んで・・・・
オレたちは 助かった・・・・。
タタン
「そうですともムスコさん!!
あっしら助かったんだ!!
村長ワンドは・・ なくなったが・・
しかし、そんなモノ!!
人の命にくらべりゃ、
ヘみたいなモンだぁ!!
トルティーヤ
「たすかったからなんだって
言うんだ。
トルティーヤ
「助かったからなんだって
言うんだッ!!
戦わなければ 生きていけない
なら、なぜオレは愛の大使なんか
に生まれてきたんだ!!
オレはもう・・・・
愛の大使なんかじゃない・・・・
生きてるシカクなんてない!!
キルシュ
「トルティーヤ、アンタは英雄だ。
胸をはれよ。
トルティーヤ
「ハッ!
このオレが英雄か!
村へ帰り、みなの前で、
『オレを見ろ
 オレがしたように戦え』
そう言えばいいのか!?
ピスタチオ
「誰もそんなこと
言ってないっぴ。
ブルーベリー
「あまり思いつめないで
トルティーヤさん。
私もペシュとの付き合いが
長いし、愛の大使の考え方は
よくわかるわ。
トルティーヤ
「・・・・・・
ブルーベリー
「ありがとう、トルティーヤ。
ペシュ
「あたしも感謝してますの!!
ありがとうですの!!
トルティーヤちゃん!!
キルシュ
「センキュ~ トルティーヤ。
オレも感謝してるぜ。
アランシア
「ありがとう!
ムスコさん
タルト
「ムスコさん!!
あっしらも、それから
こっちのイヌちゃんも
感謝してるです!
ピスタチオ
「イヌちゃん・・・・
タタン
「トルティーヤどの!!
村へ帰りましょう!!
ワクティ村の村長として!!
トルティーヤ
「ありがとう、しんえー隊。
それに、みんな。
また、どこかで会おう。
(トルティーヤ立ち去る)
タルト
「トルティーヤどの!!
(タルトがトルティーヤの後を追う)
タタン
「お待ちください!!
(タタンがトルティーヤの後を追う)
ピスタチオ
「あとあじ悪いっぴ・・・・
ペシュ
「しかたがないことですの。
エニグマが 敵だとは言っても
戦って、相手が死んでることに
変わりはないですの。
キルシュ
「行こう。
レモンとカフェオレを探しに。
ブルーベリー
「そうね。
それと、こたえを探しに。
どうしてエニグマが 私たちを
ねらうのか、ハッキリさせないと
今の気持ちを変えられない。
アランシア
「ブルーベリー
だいじょうぶ?
ピスタチオ
「かなり ヤラれてるっぴ。
ブルーベリーが仲間になった!)
ブルーベリー
「レモンはどうしたの!?
アイツを追ってたハズよ!!
行きましょう!!

▲ページトップへもどる

レーミッツ宮殿

ペシュ
「!!!!!!!!!!
ペシュ
「レモンちゃん!!
だいじょうぶですの!?
レモン
「ツゥ・・・・ッ!
ゆだんした・・・・
レモン
「あのエニグマ~
ブッ殺してやるッ!!
ペシュ
「ウフフフフ・・
キルシュ
「フゥ~。
相変わらずコワイお姉さんだ。
ブルーベリー
「エニグマはもう
いないわよ、レモン。
レモン
「いない?
いないってことは・・・・
オマエたちでやったのか?
ピスタチオ
「そーゆーことだっぴ。
先をいそぐっぴ。
カフェオレはどこに行ったっ
ぴ!?
レモン
裏門のドワーフたちが古代機械が
どうのと言ってたから・・・・
その先に行ってみる必要がある
と思って、ブルーベリーたちを
むかえに来たんだ。
そしたら、エニグマとはちあわせ
してしまってこのザマさ。
さっき、裏門からパンくずを
まきながら来たから、それを
たどれば 簡単に行けるハズだ。
エニグマにやられて 寝てる間に
トリに食われてしまったかも
知れないけどね。
・・・・・・・・・・・・
しかしこれじゃ・・・・
人数が多すぎやしないか?
キルシュ
「たしかに、あまり人数が多いと
逆に危険だ。
レモン
チームをわけて、一部は
魔バスで待機しよう

あの中なら、モンスターも襲って
来ないし安全だ。
ブルーベリー
(キルシュ、レモンがブルーベリーの方を向く)
「私、残るのはイヤよ。
戦うわ。
ペシュ
「ブルーベリーちゃん・・・・
ブルーベリー
「ありがとう、いつも
気をつかってもらって。
でも、私だけ残るのはイヤ。
絶対にイヤ!
レモン
「気持ちはわかるけど、
カラダはだいじょうぶなの?
ブルーベリー
「心配しないでよ。
だいじょうぶに きまって・・・・
うっく・・・・!
レモン
「ダメじゃん。
ペシュ、キルシュ、
彼女を魔バスまで
連れて行ってあげて。
ブルーベリー
「のけものにしないで!!
私だってやれるわ!!
ペシュ
「レモンちゃんはそんなつもりで
言ったわけじゃないですの~
ブルーベリー
「どんなつもりか知らないけど・・・・
いつも 私ひとりだけ
置いて行かれるのはイヤ!!
レモン
「やれやれだね、
おじょう様。
ブルーベリー
「そんな言い方しないで!!
たしかに私・・・・
生まれつきカラダは弱いけど、
でも、そんなこと気にしないで、
フツーに接して欲しいの!
レモン
「できないよ・・・・。
特に今は、ヒドイありさまだ。
ヘタすりゃ、アンタを死なせる
ことになる。
ブルーベリー
「私に、一生みんなから 外れて
生きて行けって言うの!?
小さい頃からずっと、パパや
ママから、お前は長生きできない
って言われてきたから、
私、死ぬのなんて怖くないよ!
長生きしたいなんて
少しも思ってない!!
ほんの少しの時間でも みんなと
いっしょにいたいの!!
親友でしょ? レモン!
レモン
「ブルーベリー・・・・、
私たち、本当に親友だった?
ブルーベリー
「それは・・・・ あなたがどう
思ってるか知らないけど、
私は親友だって思ってた。
それすらも いけないって
言うの?
レモン
「それじゃ、どうして親友の私に
いつも隠し事をするの?
ブルーベリー
「隠し事?
私が?
レモン
「あなた、カラダの具合が悪い時も
何も言ってくれないじゃない。
何もたよってくれないじゃない。
私がいつも心配してるのに、
自分だけで抱え込んじゃってさ。
そんなの親友じゃないよ!!
なんで何も言ってくれないんだ
よ!!
ブルーベリー
「!!!!
だって、それは・・・・
ペシュ
「・・・・
レモン
「いっしょに行くのはかまわない。
でも、条件があるわ。
カラダの調子が悪い時は、
すぐに言うこと。
自分だけで抱え込まないで、
ちゃんと、私や、他のみんなを
たよらなきゃダメよ。
それが守れるなら もうあなたを
一人で待たせたりしないわ。
ブルーベリー
「・・・・
ありがとう、レモン。
あの・・・・
ごめんね、私・・・・
めいわくばかりかけて・・・・・・・・
レモン
「OK。
行こう、ブルーベリー。
レモンが仲間になった!)
レモン
「しかし、大人数がキケンな
ことは変わりないよな。
ねぇ、○○○・・・・・・・・
カフェオレのことは、私達に
まかせてほしいの。
私と、ブルーベリーとペシュ、
三人で、なんとかカフェオレを
連れて帰るわ。
いいでしょう?
キルシュ
「誰もオマエを止めたりしねぇよ。
どうぜ、ダメだって言っても
行く気なんだろ?
ピスタチオ
「ヤル気がにじみ出てるっぴ。
ペシュ
「○○○ちゃんもいっしょに
行きますの!
ブルーベリー
「○○○も・・・・・・・・?
そうね、○○○には
特別な何かを感じるし、一緒に
いてくれたほうがいいわね。
アランシア
「それじゃ、お言葉に甘えて、
私達、魔バスで待ってるけど・・・・
本当にだいじょうぶ?
レモン
「大丈夫に決まってるでしょ?
私一人でも平気なくらいよ。
ピスタチオ
「それじゃ、オイラたち、
魔バスにもどるっぴ!
これ以上からむとヤバいっぴ!
レモン
「ん?
これ以上からむと
何がヤバいって?
ピスタチオ
「なんでもないっぴー!!
(ピスタチオ立ち去る)
キルシュ
「やれやれだぜブラザー。
ま、ケガしないように
がんばれよ。
(キルシュ立ち去る)
アランシア
「がんばってね!
無理しちゃダメだよ!
(アランシア立ち去る)
レモン
「さぁ、それじゃ行こうか。
目指すは裏門。
裏門を守ってるドワーフが
カフェオレの行方を知ってる

はずだ。
裏門はこの宮殿の北西のあたり
位置しているはずだ。
まずはトピアリー迷宮の外へ
抜けようぜ。
ブルーベリー
「そうだ、○○○、
これだけは覚えておいて。
ブルーベリー
私とレモンって、仲は良いけど
精霊の相性は良くない
の。
私は水で、レモンは雷でしょ?
水の精霊は、雷の精霊を打ち消す
効果を持っている
のよ。
雷の精霊テスラと、水の精霊
フローが場に出ている時に、
レモンが雷の魔法を使うと・・・・
フローはテスラを打ち消して、
いっしょに消えてしまって、
魔法の威力は1倍のまま
なの。
だから、精霊を呼ぶときは
ちゃんとそのへんを考えてから
呼んでね。
ブルーベリー
「レモンが仲間になった!!
レモン
「さっき回ったよ。
ブルーベリー
「そうだっけ?
でへへ。

▲ページトップへもどる

レーミッツ・北西

レーミッツ・北西

▼裏門に入る

まものの声
「ひゃっひゃっひゃっひゃっ。
ヌクマム
「やんだー
たすけてけろー

▼まもの(ブッチーネ3世)に触れる

まもの
「なんだ――――ッ!?
オマエたちわ―――ッ!?
オマエらも、ドワーフみてぇに
クルクルまわしてやろう
か―――――――――ッ!?

▼選択肢で「はい」を選択

まもの
(主人公たちがまものにクルクル回される)
「くるくるくるくる・・・・
くるくるくるくる・・・・
まもの
「ひゃ――――――――ッ
はっはっはっは―――ッ!!
サイコ――――――だぜッ!!
い―――――まわりっぷり!!
イカスゼ~ オマエよ~!!
まもの
「でも もう あきた。
殺すゼよ。
(※戦闘に突入)

▼選択肢で「いいえ」を選択

まもの
「なんだとォォォォォォ―――
――――ッ!!!!
ゆるせんぞ!!オマエ!!
殺―――――――ッす!!
(※戦闘に突入)

▼戦闘終了後

まもの
「くるくるくるくる・・・・
くるくるくるくる・・・・
まもの
「うお――――――――ッ!!
ゆるせ――――――――ん!!
ゆるせんぞ――――――ッ!!
おぼえておけよ――――ッ!!
(ブッチーネ3世が消え去る)
ヌクマム
「いんやー!!
たすかっただー!!
ナンプラ
「もー、感謝カンゲキ
アメアラレだべ~。
ヌクマム
「アイツは、ブッチーネ3世
っつー、バケモンでよ~
ドワーフをまわしはじめたら
死ぬまで やめねんだー。
ナンプラ
「いんや、命びろいしたないや。
ヌクマム
「んだずー。
命のおん人だ。
この門は自由に通ってけれ。
ナンプラ
「金は後でええだな?
ヌクマム
「んだず。
後でええだ。

▼裏門の外へ抜ける

ブルーベリー
「ようやく宮殿を抜けたわね。
カフェオレを探しに行けるわ。
レモン
「ところで、マドレーヌ先生の
ことなんだけど・・・・・・。
あの先生、ぼーっとしてるだろ?
こっちの世界に来てたとしたら、
ヤバいんじゃないかな。
カフェオレが見つかったら
すぐにさがしだして、助けて
あげなきゃ。

???(闇のプレーン某所)

マドレーヌ先生
「生徒たちはどこにいるの!?
返しなさい!!
ピスカプーク
「コイツ・・・・・・
なにもんだ・・・・・・
これではキリがない・・・・・・!
マドレーヌ先生
「それはこっちのセリフよ!!
ケルレンドゥはどこにいるの!?
直で話をつけるわ!
会わせなさい!
ピスカプーク
「ケルレンドゥを知ってる
・・・・・・・・!?
ピスカプーク
「人間のくせに・・・・・・!?
エキウロクリュ
(エキウロクリュ登場)
「虫ケラの名前を一つ 知っていた
ところでどうする・・・・・・。
それに、虫ケラは死んだ・・・・・・。
たった今・・・・。
くっくっくっく・・・・・・。
マドレーヌ先生
「誰・・・・!?
エキウロクリュ
「誰でもよかろう・・・・・・。
マドレーヌ先生
「私の生徒をこっちの世界に
引きこんだのは、あなたね!?
エキウロクリュ
「オマエの生徒はここには
来ていない。
光のプレーンにいる。
学生ごときは、ワレらが光の中に
あっても、恐れる存在ではない。
マドレーヌ先生
「私だけ特別に闇のプレーンに
ごしょうたいされたわけね。
ありがとう。
おそれいるわ。
ピスカプーク
「ケッケッケッケ!!
光のプレーンはもうすぐ落ちる。
太古の魔法と、ドワーフの技術が
オレたちのものになる。そして、
オレたちが宇宙を支配する。
エキウロクリュ
「オレと融合しろ。
どのプレーンにも行けるぞ。
クックックックック。
マドレーヌ先生
「ケルレンドゥ配下のエニグマは
一匹もいないのね・・・・・・。
エキウロクリュ
「虫ケラどもは、みんな死んだ。
生まれ変わるために。
キオクを消し、生まれ変わる。
エニグマは一つになる。
オレがエニグマの王になる。
マドレーヌ先生
「フゥ・・・・・・・・。
いやになるなぁ、もう。
宿主を持たないエニグマが、
そんなに強いのかしら?
エキウロクリュ
「なんだと・・・・・・・・!?
マドレーヌ先生
「あなたたちじゃ、私の生徒にも
勝てないわ。
ピスカプーク
「なんだってぇ~??
マドレーヌ先生
「光のプレーンにいるんでしょ?
だったら、あせる必要もないな。
エキウロクリュ
「オマエが言ってることは、すべて
ただのハッタリだ。
思い知らせてやる。
マドレーヌ先生
「ハァ・・・・・・。
やれやれ・・・・・・。
またどこかでお会いしましょう。
(先生がワープして姿を消す)
ピスカプーク
「!!!!
ピスカプーク
「逃げたぞ!!
ワープしやがった!!
ピスカプーク
「ハッタリじゃない!!
ワープの魔法を使ったぞ!!
エキウロクリュ
「チッ!!
光のプレーンはあとだ!!
ガキどもと、あの女を殺す!!
闇のプレーンに引きずりこめ!!

レーミッツ・北西

▼更に歩くと会話が発生

アングレース
「通るのは勝手だけんども
・・・・・・・・
おめさ、キード・モンガにゃ
入れねーだぞ?
わがってんだか?
クアトロフォルマッジ
「あに言うだ。
同じドワーフでねげ。
ちょっくら機械を借りに
行くくれー、かまわねべさ。
アングレース
「オラたちゃ、エリートだー。
おめーたち、人形いじりしてる
よーなドワーフと、
いっしょくたにするんでね。
ブルーベリー
「ドワーフ同士でもめてる
みたいね・・・・・・・・。
ペシュ
「まったくもう!!
ケンカはいけませんの!!
私がしかってあげますの!!
レモン
「ショコラ!!
ショコラ
「あ――――。
レモン――――。
ブルーベリー
「ショコラ!!
無事だったのね!!
クアトロフォルマッジ
「ありょ?
追っ手さ来ただか。
(クアトロフォルマッジがショコラを押して逃げる)
ペシュ
「あっ!!
逃げますの!!
レモン
「追いかけるぜ!!

▲ページトップへもどる