HOME > データベース > ヴァレンシア海岸会話集(夜(その1))

ヴァレンシア海岸会話集(夜(その1))

自由行動開始~キャンディ告白イベント前

クラスメートとの会話

場所/名前 会話内容
キャンプファイア/
ペシュ
ピスタチオちゃん・・・・・・・・。
勝てるといいですの。
誰とも別れたくありませんの。
キャンプファイア/
ピスタチオ
波の音って、どうして
こんなに切ないっぴか・・・・・・。
キャンプファイア/
カベルネ
波の音って、ここちよいヌ~。
キャンプファイア/
カシス
オレが 刃の魔法を極めたいと思ったのは 勝ちたいからさ。
とくに、1対1の戦いでね。
オレは逃げたくもねぇし、負けたくもねぇ。
キャンプファイア/
カフェオレ
ユウヒハ オレノ タマシイノ イロ。
アカク モエツキテ、セイジャクヘト カエルゼ。
ベイベ~ ナイテモイイノサ。
キセツガメグリ フユガオワレバ ベイベ~ ケッコンシヨウ。
ソシテ フタリハ タンポポノ ワタゲニ ナッテ タビダツノサ ソラヘ。
ン~ ン~
ン~ ン~
ン~ ン~ ン~~~~
キャンプファイア/
ブルーベリー
わたし、体が弱いからあんまりはしゃげないの。
走り回って さわいでるみんながうらやましい。
キャンプファイア/
レモン
海っていいよな。
波の音を 聞いてるだけで、アタマ、カラッポになる。
カエルグミの林/
アランシア
カエルグミを食べると 体力を回復できるのよ~
さっきまで たくさんいたけど
キルシュが来てから、隠れちゃったよ~
もうしばらくすれば 出てくると思うよ~
カエルグミの林/
キルシュ
ケロケロちゃ~ん
出ておいで~
ヴァレンシア海岸/
シードル
月の光に、銀貨が照らされて 光っているよ~。
きっと、昔の文明が使ってたアルティ銀貨だね。
こんなものが落ちてるから カイゾク伝説なんかが生まれたんだろうね。
小鳥の岩場/
ショコラ
と~り~
小鳥の岩場/
オリーブ
鳥の様子が少しヘン・・・・
気のせいなら いいけど・・・・
小鳥の岩場/
オリーブの目の前にいる文鳥
じゅいー
海岸の洞窟/
セサミ
ちっくしょ~
何かありそうなんだけどなぁ~
海岸の洞窟/
地面に落ちている手紙
カイゾクが残した手紙が落ちている!
読んでみますか?
(選択肢で「はい」を選択)
『しんあいなるゴメスよ、
おれのぶかは、だれも、カエルグミを
とらないで、ぼうけんしているぜ。
しかも、みせでかってもいねぇぜ。
おまえもうみのおとこなら、
そのくらいのこんじょうみせてみろ。
ここだけのはなしだが、カエルグミを
つかまえずに ぼうけんしてると、
いいこともあるぜ。
おっと、これいじょうはひみつだ。
てめぇのちいせぇのーみそで かんがえやがれ。
わっはっはっは。
       うみのおうじゃ
       べすぷっちさまより
海岸の洞窟/
不気味な渦
ブキミなウズマキがある・・・・・・・・。
どこか遠い世界につながってるような
感じがする。

▲ページトップへもどる

マドレーヌとの会話

▼ヴァレンシア海岸にいるマドレーヌに話しかける

マドレーヌ先生
「きゃ~~~!!
ナマコよ! ナマコ!!
いや~~~ん!!
中身出してる~~~~~~!!
ちょっとおいしそ~~~~~!!
マドレーヌ先生
「あっ!!
ヘンなとこ見られたっ!!
あはははははは。
・・・・・・・・。
あ、そうそう、
ところで○○○(※主人公の名前)さぁ、
HPって何のことか知ってる?(⇒選択肢A発生)

▼選択肢Aで「はい」を選択

マドレーヌ先生
「さっすが、○○○~!
いえ~!
それじゃ、次、
MPは何のことかわかる?(⇒選択肢B発生)

▼選択肢Aで「いいえ」を選択

マドレーヌ先生
「HPって言うのは・・・・・・・・
有名なファンタジー小説の
タイトルなんかじゃないぞ~。
ヒットポイントの略で、
打たれ強さのことなんだ。
バトルなんかをやってる時に
この数字が0になったら、倒れて
戦えなくなるから気をつけてね。
それじゃ、MPってのは
何のことか、わかるかな?(⇒選択肢B発生)

▼選択肢Bで「はい」を選択

マドレーヌ先生
「さっすが、○○○~!
勉強してんじゃ~ん!

▼選択肢Bで「いいえ」を選択

マドレーヌ先生
「MPって言うのは・・・・・・・・
有名なヒゲのおじさんのパーティ
ゲームの略なんかじゃないぞ~。
バトルなんかで、魔法をどれだけ
使えるか示した数字なんだ。
魔法を使うと、数字がどんどん
減っていって、0になると魔法を
使えなくなるから注意してね。
MPはバトル中にも、ちょっと
ずつ増えるから、使いすぎたら
しばらくぼうぎょするんだぞ。

▲ページトップへもどる